最新!沖縄県の電力自由化おすすめ新電力銘柄比較ランキング

タカシ
いろんな新電力のことについて学んできたけど、沖縄って離島だし、新電力が参入してきたという話もないけどどうなの?

オカン
あ~確かに!あたしも電力自由化で浮いたお金でバカンスに行こうと思ってたら電気が通ってなかったなんて嫌だからね!

タカシ
そんなわけないでしょ!

ハカセ
そうじゃぞ!そんなワケなじゃろう。まあよい、沖縄の電力自由化に関していえることをどんどん説明していくぞ。

 

 

沖縄県下の電力自由化おすすめ銘柄比較ランキング

沖縄

沖縄電力エリアは、沖縄本島をはじめ、宮古、八重山、大東、久米島、慶良間と島嶼部を含め、広大なエリアの電力供給を行っています。
その沖縄電力エリアも、電力自由化を受けて、48社の新電力企業が、今後の事業参入を含め登録や今後の参入表明を行っています。

 

 

 

 

 

他の地域よりも、厳しい気象や気候条件などもあり、季節による電力需要とその安定性が、より高く求められる地域でもあります。

 

 

 

 
また、特殊な地理的条件と復旧体制などのこれまでの経験から、電力自由化で新電力会社のサービスを申し込むことに不安を覚える方も少なくないかもしれません。

 

 

 

 

 

そこで今回は、この48社の中から選りすぐりの企業をご紹介します。

 

 

本島はもとより、各島嶼部でも電力自由化の恩恵にあずかれる?

沖縄電力1
こたえはYES!?です。

 

 

 

 
現在すぐに契約できる新電力企業は、沖縄本島ならびに島嶼部に、2016年4月時点では存在していません。ただし、本島においては、契約条件はあるものの一般家庭向けに「一般社団法人沖縄CO2削減推進協議会」が2016年6月からの契約開始を表明しています。

 

 

 

 

 

電力自由化の結果として、需要者が多い本島と、設備負担や復旧などのコスト高の島嶼部では、今後、大きな料金の差異が生じるのではないかといった懸念がありました。そのため2016年の電力自由化解禁時点では、そうした公共料金に差が生まれないように十分に配慮された沖縄電力エリアの料金設定が、あらたに策定運用されています。

 

 

 

 

 

すぐに契約できる新電力企業はありませんが、2015年秋季以降、本島と一部島嶼部などをはじめとして、大口の発電所からの買受をベースにした本土への参入調査や、本土や島嶼部広くを対象としたバイオマスなど自然エネルギー系企業による参入調査などが、相次いで発表されています。

 

 

 

 

 

これら企業が本格参入してきた折には、これまで沖縄電力の電力供給サービス提供を受けてきた世帯では、風力などをベースにした島嶼部に至っても、それぞれの新電力会社の設備や契約条件にあわせて、契約を結ぶことができます。

 

 

 

 
この契約条件は、具体的には、各新電力会社の対象とする建物の構造や、元の沖縄電力時代の供給契約の区分、設備設置の有無、新電力会社のサービス提供エリアかどうかといったものです。

 

 

 

 
また事業所による発電や事業所電力内からの余剰分小売りなどを一括して行うタイプの新電力企業による、今後の参入予定なども、今後の各社の業務展望としては報道されています。

 

 

 

 

A社で契約ができなくてもB社ではサービス提供が可能なケースも有り、料金などのメリットがあるのなら、まずは契約可能かどうかの調査を行ってもらうのも1案です。

 

台風や送電停止、トラブル発生時は、新電力では復旧が遅れる?

沖縄電力時代3

No!です。

 

 

 

 

 
地域や居住環境にもよりますが、多くのすでに沖縄電力から電力供給を受けているお住まいや法人事業所では、地域全体に沖縄電力の電柱や電線、変電配電設備のネットワークが張り巡らされています。

 

 

 

 

 

 

この2016年4月の電力自由化とは、これまで先行して行われていた、法人や事業所、大型マンションなどの特別高圧、高圧分電力等エネルギー供給をさらに拡大して、一般家庭向け低圧の新電力事業を、地域各社の電力会社以外の企業でも行えるようにしたものです。

 

 

 

 

 

本制度解禁のための制度策定に伴い、経済産業省を含め法整備が進み、これまでの電力会社の一部業務を引き継いだ、「一般送配電事業者」が地域にある送配電設備を一括管理しています。また各家庭に向けては、このネットワークを各新電力会社が共用して送配電に利用しているという状態です。具体的には、各社が送る電気は、この送配電設備の中を混合して通り、各家庭がそれを受けて使用しているといった状態です。

 

 

 

 

 

 

そのため、気象条件その他の条件で設備に損傷を受けた時には、これまで同様、本島と島嶼部などでの復旧体制や復旧までの時間差は発生することも有りますが、同じエリアであれば等しく復旧することになります。

 

 

 

 

 

また、多数の電力会社が共同で送配電設備を利用することで一般家庭向けでは「常時バックアップ(最終保障約款)」により、不足分の電力を、これまでの各地域電力会社(一般送配電事業者)から補って供給する制度もあり、電力供給を行う企業によって、停電時などに差は生まれないといった点では安心です。

 

沖縄県下の電力自由化おすすめ銘柄ランキング

そのような点を踏まえてどの電力会社が沖縄電力からの乗り換えでお得なのかを紹介していきます。

 

 

 

 

 

5位洸陽(こうよう)電機 (サービス開始時期未定)

洸陽(こうよう)電機

太陽光やバイオマスといった、自然エネルギーによる電源の開発と、省エネルギー対策などを業務の中心に据え、すでに沖縄に2010年に営業所を構える「洸陽電機」は、2016年からの大口法人向け新電力サービス開始を表明しています。2016年4月時点での実績などは未公表ですが、今後の実績次第では、個人向けサービス提供への拡大も期待されています。

 

 

4位伊藤忠商事(サービス開始時期未定、大口法人など向けサービスは2016年4月開始済)

伊藤忠商事1

伊藤忠商事は、低圧、家庭用向けの新電力小売りサービスは現段階で取り扱いがありませんが、かりゆしグループや、金秀グループをはじめ、すでに法人向けの電力供給サービスを開始しています。伊藤忠商事では、他地域で、ユニーHDをはじめとした

 

 

 

 

参考記事伊藤忠エネクスと九州電力を比較、どれだけおトク?

 

 

3位イーレックス・スパーク・マーケティング(サービス開始時期未定、法人向け2016年10月開始予定)

イーレックス・スパーク・マーケティング2

東京に本社を持つ新電力企業のイーレックスは、関連会社であるイーレックス・スパーク・マーケティングを通じて、新電力サービス開始時点では、北海道北陸四国沖縄を除く、全国の広い地域に低圧電力供給を行っています。また国の機関をはじめとした、大口需要者への販売実績も数多く、サービス品質には定評があります。イーレックスと沖縄ガスの合弁による「沖縄ガスニューパワー」による販売体制などをすでに表明しています。

 

 

イーレックス・スパーク・マーケティング3

 
沖縄電力エリアでは、業界大手の電源開発(Jパワー)などから大口調達した電力を元に、沖縄エリアへの参入を検討しており(2016年4月表明)、投資家向けにはすでに、沖縄電力エリアでのサービス提供開始を視野に入れた調査を開始することを表明しています。

 

 

 

 
沖縄エリアでの石炭火力発電所では現在電力の全量を沖縄電力で購入していますが、こちらからイーレックスが購入することによる価格競争効果での、新電力での料金メリットが期待されています。安さに期待です。

 

 

 

参考記事電源開発から発電、売買電対応!イーレックスのメリットとデメリット

 

 

 

2位一般社団法人沖縄CO2削減推進協議会(2016年6月30日サービス開始予定)

一般社団法人沖縄CO2削減推進協議会1

 

沖縄電力に続いて、いち早く「一般家庭向けサービス開始」を表明しているのが、「一般社団法人沖縄CO2削減推進協議会」による、沖縄本島エリアの一般家庭向け電力販売事業です。2016年6月30日からの受付開始を表明しており、17カ所に自社設置する太陽光発電設備を通じて、自然エネルギーを中心とすることを念頭に据えた、サービス開始を発表しています。軌道に乗ることで、今後、サービス提供エリア内に、目に見えて自然エネルギーによる発電施設も増えることも予想され、地域で作る自然エネルギーの育成面でも注目されています。

 

 

一般社団法人沖縄CO2削減推進協議会2

 
低圧電灯契約では、宅送料込みで10kWhまでが381,62円と沖縄電力の394,65円と比較しても割安です。また10kWhから300kWhと以降の各段階でもいずれも沖縄電力の料金設定に比べ3.3%割安となっています。当面の販売条件は、月の電気使用量が300kWh以上に加えIT環境が整っている ことなどとされていますが、今後の契約条件の拡大も待たれています。

 

 

 

 

 
高圧受電、低圧動力に関しては、託送料金が関係するため、価格は一概には言えませんが、サービス開始により沖縄電力とは料金差が生ずるケースもあります。

 

1位沖縄電力(2016年4月サービス提供中)

沖縄電力4

2016年4月現在、実はサービス提供中の唯一の企業が、これまでの地域電力社である沖縄電力です。

 

 

 

 
先に述べた通り、発電用資源リソースが比較的乏しいといわれている沖縄本島の、2拠点の石炭火力発電所、2拠点の重油発電所、LNGによる発電所での送配電に加え、離島においては、運用中の2拠点の風力発電所などその他の地域エネルギーの設備設置や導入計画と、送配電を実施してきています。

 

 

 

 
特に2016年4月の電力自由化に際しては、離島でも自由化により料金が割高になることが無いようにと、新たな契約条項整備や許認可による法的枠組みの強化を進め、これまで以上に安心で、地域では価格優位性も高いサービス提供を表明しています。

番外

エネット

このほかにも、NTTファシリティーズ、東京ガス、大阪ガスによって設立された「エネット」は、現在沖縄電力エリア以外のすべてのエリアでサービス提供を開始している大手でもあり、沖縄エリアの参入が待たれます。

 

 

 

 
また「丸紅新電力株式会社」は、すでに事業所向けなどに、旧来の化石燃料による発電施設をはじめ、水力、風力、太陽光、バイオマス、天然ガス等の再生可能エネルギーによる発電施設を多く擁し、自社内製エネルギーによる供給実績が豊富でもあり、こちらも沖縄エリアの資源実態に即したリソースによる参入表明が待たれます。

 

 

 

 

参考記事家庭でも企業にも!シェア圧倒的№1!エネットの新電力のメリットとデメリットとは?

 

沖縄電力エリアは、新電力参入表明がとくに遅れている理由は?

エネット1
沖縄電力以外、全国でサービス展開している企業も沖縄エリアのサービス表明は無く、また表明している企業についてもいずれも今後に期待といったところが多いのですが、これには理由があります。

 

 

 

 
北海道、本州、四国、九州の間では、これまでの震災などの時に見られたように、電力需要が急に拡大したときに、それぞれのエリアから電力をその他の電力会社に有線で融通するといった運用があります。

 

 

 

 
沖縄県の場合は、4島と地理的に離れており、またアジアや太平洋地域の化石燃料の輸送コストも安いということもあり、都市部などの電源の多くは地域内に有る大型の石炭火力発電所によって賄われています。また、地域によっては、太陽光、風力、火力と事業所などからの電力を融通した地域供給体制のところもあります。

 

 

 

 
加えて、地域の送電網が未成熟で、比較的本島とは距離の近い慶良間エリアに、ようやく本島からの送電用ケーブルの海中敷設が進み、災害時のバックアップ電源供給体制が整いました。今後これに類する、離島ならではのリスク対応の設備設置などが進むことも考えられ、託送料金や施設負担が他所に比べてさらに割高になり、事業化の経費面でのデメリットになるのではないかとも考えられています。

 

 

 

 

 

通常はかなり先を見越した、年単位の燃料ストックを抱える運用がとられてはいますが、その安定性の確保のための経費や、先に述べたような離島を含む距離的広い範囲に分散した一般家庭の利用者と気象条件などによる、配電送電設備の復旧管理経費なども多く発生する恐れがあります。

 

 

 

 

2016年4月現在の託送料金は約9.93円/kWh(低圧)となっており、全国で最も安い北陸、関西電力の7.81円、また東京電力の8.57円に比較すると、 1 kWhあたりでもかなり割高で、エリア間の送配電設備が他の電力会社エリアに比較して未成熟である点も含めて、新規参入することへの「新電力会社の設備負担的メリット」は高くないといわれていたことも有りました。

 

 

 

 

 

 

島嶼部については、比較的小規模から事業として新たに取り組めるといったこともあり、これまで日本国内では、事業としてあまりみられなかった発電手法や事業ケースについて、実験プロセスを経て本格事業化していこうといった企業が、豊富な自然リソースをバックボーンに参入を検討しているケースも見られます。

 

タカシ
離島って結構不便でもあるよね。

オカン
そうそう、それは否めないよね~。

ハカセ
そうじゃな、ただ、難しいからこそ、良いサービスを沖縄で提供できれば会社側であっても大きなシェアが取れるかもわからんし、消費者もきっと喜んでくれることじゃろう。

 

いかがでしたか?

エネット3
現在すでにサービス開始をしている企業はありませんが、現在沖縄県への参入検討表明している企業には、魅力が沢山。
今後のサービス提供が待たれますね。

 

オカン
で、ハカセ、今の段階では沖縄県民はどうするのがいいの?
ハカセ
まだまだ、待ちの姿勢でも問題ないじゃろう。もちろんこれからどんどん新電力も増えて、沖縄にサービスを展開するところも増えるじゃろうから、そこでお気に入りが見つかれば使うスタンスで十分じゃな。

新電力の一括無料見積をしてみよう

新電力ってどれがいいのか?

どのプランがいいのか?

どうやって選ぶのが正しいのか?

こういうことってさっぱりわからないですよね。

そんな場合に使えるのが新電力一括シミュレーション!

どれぐらい安くなるのか?どこがピッタリかが一発で分かります!

▼早速使ってみよう▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です