Tカードがお得!東京電力エナジーパートナーのメリット・デメリット

タカシ
東京電力エナジーパートナーってんがあるらしいけど、意外に大きく展開していて気になるんだけど実際のところどうなんだろうね。

オカン
私は、料金がめっちゃ安くなるところ以外に選ばないことにしたんだから

タカシ
結構安くなるってウワサだよ!

オカン
あら、それだったら話を聞いてあげてもいいわよ。ハカセ、さっさと説明しないさい。なんのためのハカセなの?

ハカセ
そんなに老人をいじめるでない。今回は東京電力エナジーパートナーを徹底解剖してやろう。

 

 やはり、安心信頼の東京電力エナジーパートナー、新電力のメリットデメリット

東京電力エナジーパートナー

2016年4月、「電力小売りの全面自由化」として一般家庭に向けても、新たに参入した新電力会社による電力の小売りが始まりました。

「まだ新サービスのメリットや制度が良くわからなくて決めかねている」
「手数料やその他の問題点など、実際に開始してしばらく経ってみないとわからない」として、新電力参入企業との契約を手控えている皆さんにも、もちろんメリットも大きい、東京電力エナジーパートナーについて、ご紹介してみようと思います。

 

東京電力管内で東京電力契約があるケースについてのみ中心に記載しています。

>>東京電力エナジーパートナーの公式HPはこちら

 電力自由化以後の東京電力管内のサービスについて

東京電力エナジーパートナー
東京電力管内の電気契約は、2016年4月の電力小売り自由化に伴い、東京電力株式会社から、東京電力エナジーパートナー株式会社にみなし契約で移行されました。
旧然の東京電力株式会社と同じ、サービスや、発電所や送配電設備などの構成ですが、組織体制は分社化した先の、「東京電力エナジーパートナー株式会社」に変更されています。

 

特に契約者サイドで、なにか変更や手続きが必要ということは全くありません。
契約内容もこれまでと変わらず、検針や支払い先などの企業だけが変更されています。

 

今後も引き続き利用することが可能で、ニュース報道などにあるように、ブレーカーや接続機器が新たに必要だからといった取付や購入の義務強制や、また新電力に契約変更を行わなければ、電機が使えなくなるといったことはありません。

 

また、東京電力エナジーパートナーの一般向け電気小売のエリアが広がり、中部エリア、関西エリアがあらたに加わりました。

 

東京電力エナジーパートナー以外の契約にした場合、何が変わる?

Model house with power Cord

 

たとえば、東京電力エナジーパートナー以外の新電力会社と契約した場合には、携帯電話やインターネット、有料テレビ放送、ガスその他のエネルギー供給やサービスといったものとの契約組み合わせで、月々の電力料金が割り引かれたり、あるいはポイントバックでコンビニやスーパーなどで広く現金同様に使えるポイントが付与されるといったサービスなどが多く見られます。
ただし、契約先の新電力企業によっては、契約時に工事費や契約手数料が発生したり、あるいは一定期間を過ぎるまでの解約や、他社に変更する際の契約手数料や設備量などを支払ったりする必要があるケースも有ります。

 東京電力エナジーパートナーのメリットは?

 

検針員さんとのつながりによる

これまでの東京電力の料金プランでは、一般家庭でも、たとえば、深夜割引や、オール電化系の契約区分など、実は割引メニューが数多く存在していました。
これらと同様の料金体系を備えた新電力会社は、まだ存在していないため、これらの恩恵を最大限に受けていた世帯では、実は契約乗り換えをしない方がお得なケースも多く存在しています。
また新しい料金プランも、新電力に伴い設定されており、例えば、電気使用量が多いお宅を対象とした、スタンダードS,L,Xプラン、プレミアムプランでは、時間帯を気にせず電気を使ってもお得。スマートライフプランは、これからオール電化契約をされる世帯に、利用料金や時間帯を問わずお得な料金設定。そして夜トク8,12プランは、日中自宅にいない、比較的夜間に電気使用量が多い世帯に圧倒的にお得なプランです。

 

例えば2016年6月1日から適用になる新料金では、これまでの従量電灯Bの契約種別20、30、40、50、60Aの各基本料金は、561円60銭、842円40銭、1,123円20銭、1,404円00銭、 1,684円80銭と据え置きですが、第一段階料金、第二段階料金、第三段階料金は、19円43銭→19円52銭、 25円91銭→26円00銭、29円93銭→30円02銭円と、これまでより微増となっています。が、その分、電力使用量が多いご家庭を対象とした、各種のプランが、新電力以上に新たに登場しています。【※料金2016年6月調べ】

 

そして、電気使用量が多いお宅を対象とした、スタンダードS,L,Xプランでは、アンペアブレーカー、主開閉器、毎月の利用電力量を分析し毎月変動するタイプの電力供給契約となっています。ほかにも、プレミアムプランでは時間帯を気にせず電気を使っても最初の400kWhまでは9700円、それ以降は1kWhあたり29円04銭とお得。スマートライフプランは、これからオール電化契約をされる世帯に、利用料金や時間帯を問わずお得な料金設定のうえ、オール電化関連製品の修理サービスなども含まれる、充実のプラン。料金自体も昼間25.33円に対して夜間の17.46円と、契約に際しては、細かな住居内設備の制約はありますが、本当にお得なプランです。【※料金2016年6月調べ】

 

そして夜トク8,12プランは、日中自宅にいない、比較的夜間に電気使用量が多い世帯に圧倒的にお得なプランです。夜トク8では昼間の32.14円に対して、夜間の8時間が20.78円。夜トク12では昼間の33.76円に対して、夜間の12時間が22.55円。オール電化ではなくとも、小型の蓄熱型設備などを多く利用しているご家庭には、ありがたいプランです。月々の電気料金に従って、また申し込みによりポイントバックなどがある料金制度も有り、サービスの質と料金の双方をバランスのとれた体制でというご家庭には人気です。【※料金2016年6月調べ】

 

また、毎月検針に訪れてくれるとくに高齢者の独り暮らし世帯では、いつもきまった検針員さんとのつながりによる見守り効果などを期待している方も見られます。こうした機会にちょっとした、電気利用の不安を相談される方も有り、検針員さんが暮らしに欠かせないという方もおおくあります。

 

また、新規参入の他社とは違い、もともとが、大きな電力会社をバックボーンにしているため、倒産といったケースはまず考えられません。契約先の新電力会社によって、供給制限がなされるというのは、地域一円に大きな天災や障害が発生した場合を除けば、2016年4月の時点では、倒産その他の事由による場合程度に限られますが、その際に新電力会社と契約していた消費者が、一時的に供給を受ける電力会社自体も、東京電力エナジーパートナーとなります。

 

地域にサービス展開する電力会社のメイン企業としての立場は、分社化されてもこれまで通り変わらないのです。

 

加えて、技術的なノウハウ蓄積が多く、いざというときにやはり安心して使えるといった部分は、新規参入業者に比較して、はかりしれないものがあります。

 

また、これまでは一般向けには関東エリアに限られていた営業エリアが、中部エリア、関西エリアと広がります。いずれも、電力使用量の多いご家庭を対象としており、中部エリアではスタンダードS,L,Xプラン、プレミアムプラン。関西エリアでは、スタンダードXプラン、プレミアムプランとなり、いずれも大都市圏を多く含むことから、契約件数の伸びによっては、関東。エリアの契約者によっても、契約者増によるメリットが大きくなると考えられています。また、関東、関西、中部エリアでの転勤を多く伴うご家庭では、このエリア内での契約変更にかかる手数料が、ぐっとおさえられるといったメリットも有ります

 

加えて、移行後は、Tポイントカードや、Pontaポイントバックによる提携プランも発表されており、契約によっては、これまでと同じ電気の使用方法なのに、ポイント付与でお得になります。このポイントバック制度は、中部エリア、関西エリアで東京電力エナジーパートナーと契約するケースに同じです。

 

ハカセ
料金面でのメリット、そしてポイント付与、さらには、圧倒的実績による安心感、この3つがすべてそろっているのが東京電力エナジーパートナーといえますし、総合的な観点で見た場合にはほかの新電力よりも頭一つ出てるといえるな!

 

>>東京電力エナジーパートナーの公式HPはこちら

 

 東京電力エナジーパートナーのデメリットは?

一般家庭で1

一般家庭で、特定時間や特定の利用状況によるサービスを受けていないケースの一部では、新電力会社の方が料金的にお得なケースも有ります。

 

いずれも、自社発電や自社の購買調達分を除けば、足りない部分は東京電力から融通されること、また各ご家庭への引き込みまでは、地域で共通の電線と電柱や変電配電所を経由してくるため、電気の質そのものに、契約している新電力企業によって、変わりはありません。

 いかがでしたか?

Laptop, smart phone, wallet and loyalty cards
新電力会社制度スタートに伴い、これまで利用していた東京電力エナジーパートナーでも新たなサービスプランも登場しています。

 
新たな企業と契約するメリットがあまり感じられないというお宅でも、また乗り換えるには他の条件が出揃ってからと検討中の方でも、東京電力エナジーパートナーのプラン内で、契約変更について調べなおしてみると、新電力効果で、電気料金節約に効果があるかもしれません。

 

その点を踏まえて、契約してみようと思っているのであれば公式HPからコンタクトをとってみるのもいいでしょう。

 

>>東京電力エナジーパートナーの公式HPはこちら

タカシ
電気料金が安くなるし、プランによってはサービスとのバランスも取れるからかなり魅力があるといえるね。

オカン
そうだね。確かに私もPONTAもTポイントカードの両方とも持っているからぜひとも検討してみようと思った!

タカシ
なんだよ~、さっきまでは話聞かないとかごねてたくせに・・・

オカン
うるさいわね。私はきっと東京電力エナジーパートナーと相性がいいんだってば!何なんか文句案の!

ハカセ
一言に東京電力エナジーパートナーに決めるといっても、深夜に電気を使うのか?などでかなり料金面は変わってくるものじゃ。だからまずはしっかりとシミュレーションして、「どのプランが一番お得なのか」を確認しておくことが重要だといえるな。

新電力の一括無料見積をしてみよう

新電力ってどれがいいのか?

どのプランがいいのか?

どうやって選ぶのが正しいのか?

こういうことってさっぱりわからないですよね。

そんな場合に使えるのが新電力一括シミュレーション!

どれぐらい安くなるのか?どこがピッタリかが一発で分かります!

▼早速使ってみよう▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です