東京電力エナジーパートナーとHTBエナジー徹底比較してみた

タカシ
東京電力エナジーパートナーとHTBエナジーって両方人気があるみたいだけど、どっちがいいんだろう?

オカン
HTBエナジーって割引5%になるってどころよね。これってスゴイからHTBエナジーの勝ち~~~!

タカシ
いやいや、早いから!

ハカセ
東京電力エナジーパートナーとHTBエナジーの両社は人気だからのう。よし、徹底比較してお前さんたちにお教えしよう!既存電力で安心の「東京電力エナジーパートナー」VSエコ設備に長年実績の「HTBエナジー」新電力での徹底比較してみるとどうなのじゃろうな

2016年4月、「電力小売りの全面自由化」として一般家庭に向けても、新たに参入した新電力会社による電力の小売りが始まりました。

 

ここで既存電力会社系としてはサービス供給エリアも広く、また体制も大きく安心の「東京電力エナジーパートナー」と、設立当初から電力以外含め環境とクリーンエネルギー使用を前面におしだし、数々の取り組みを行ってきた長崎ハウステンボスをベースとしてサービスを始めた「HTBエナジー」について、さまざまな角度から徹底比較してみました。

 

「東京電力エナジーパートナー」「HTBエナジー」の企業体制について

東京電力エナジーパートナー株式会社

 

東京電力管内の電気契約は、2016年4月の電力小売り自由化に伴い、東京電力株式会社から、東京電力エナジーパートナー株式会社にみなし契約で移行されました。

 
旧然の東京電力株式会社と同じ、サービスや、発電所や送配電設備などの構成ですが、組織体制は分社化した先の、「東京電力エナジーパートナー株式会社」に変更されています。

 

また、自由化に伴う分社化で、中部エリア、関西エリアのエリアにも同時にサービス展開を開始。近い将来、徐々に取扱いエリアを拡大することが発表されています。

 

なんといっても現在は、グループ会社そのものの母体が大きく、発電から送配電、また大規模な原料調達体制をもち、またノウハウが蓄積されている点が利用料金にも反映されています。そのため、個人向け低圧各種契約でも、細かな特徴毎に細分化された各種プランと、毎月公共料金支払いでポイントバックされる制度などが魅力です。

>>東京エナジーパートナーの公式HPはこちら

参考記事東京電力エナジーパートナーの詳しい情報はコチラになります。

Tカードがお得!東京電力エナジーパートナーのメリット・デメリット

HTBエナジー株式会社はどんな新電力会社?

HTBエナジー

「HTBエナジー株式会社」は、1988年設立当初から環境共生のテーマパークを意識したハウステンボス内での、自然エネルギーや下水処理その他の「常に時代の先進的事例での各種の取り組みによるエコシティ運営」の経験豊富な、エネルギー関連のグループ会社です。ハウステンボスとは別に設立されたのが2015年と、比較的新しい企業ではあります。

再生可能エネルギーと、地熱発電、立地を生かしたLNG火力発電など、新規のクリーン電源の開発と、リーズナブルなコスト性、地域社会への供給を通じた地球環境問題への取り組みを目標にしています。

>>HTBエナジーの公式HPはこちら

参考記事HTBエナジーの詳しい情報はこちら

全員が5%安くなる!?HTBエナジーのメリットとデメリットとは?

 

 東京電力エナジーパートナーの特徴は?

東京電力エナジーパートナー株式会社1
東京電力エナジーパートナーの料金体系は、従量制とパック制があります。これまでの料金体系と比較し、従量制も若干お得になりましたが、パック制ではお得な額が更に拡大し、プランによっては無料の保守契約や契約によるBIGなポイント付与など、多数のメリットがあります。
新規参入新電力企業各社と比較しても、とくに、オール電化プランや、夜間などの使用には特にお得な設定がされており、豊富なプラン設定は、他社から抜きんでています。
実際に、多く使用されるお宅にとっては、メリットがとても大きなプランが、新電力開始時点では数多く存在します。

 
例えば、電気使用量が多いお宅を対象としたスタンダードS,L,Xプラン、時間帯を気にせずどんな時間帯に電気を使っても使用量の大きなお宅では割引額の多いプレミアムプラン、

 

これからオール電化契約をされる世帯に機器の保守サービスと利用料金や時間帯を問わずお得な料金設定のスマートライフプラン、日中自宅にいない夜間に電気使用量が多い世帯にお得な夜トク8,12プランなどがあります。

それぞれの料金についてみていきましょう。

東京電力エナジーパートナー2
プレミアムプランでは時間帯を気にせず電気を使っても基本料金468円と、最初の400kWhまでは9700円、これを1kWhあたりで換算すると、24.25円です。そしてそれ以降は1kWhあたり29円04銭。
スマートライフプランは、昼間25.33円に対して夜間の17.46円と、細かな契約条件制約はありますが、他社の料金に比較して、夜間分は圧倒的にお得なプランです。

 

そして夜トク8,12プランは、日中自宅にいない、比較的夜間に電気使用量が多い世帯に圧倒的にお得なプランです。夜トク8では昼間の32.14円に対して、夜間の8時間が20.78円。夜トク12では昼間の33.76円に対して、夜間の12時間が22.55円。

 

プレミアムプランでは移行後は、Tポイントカードや、Pontaポイントバックによる提携プランも発表されており、契約によっては、プラン契約のボーナスポイント付与の他、月々の電気料金でもポイントバックがあり、公共料金であるにもかかわらず、さらにお得です。

 

また、中部関西エリアに、同時にサービス展開を開始した時点では、中部エリアではスタンダードS,L,Xプラン、プレミアムプラン。関西エリアでは、スタンダードXプラン、プレミアムプランを提供しています。
この他にも全国各地への参入が発表されており、全体の規模効果での料金メリットが期待されます。

 

>>東京エナジーパートナーの公式HPはこちら

 HTBエナジー株式会社の特徴は?

HTBエナジー株式会社

HTBエナジーは、全国各地への販売を表明していますが、2016年新電力開始時点では、東京電力、九州電力管内をはじめ、一部の地域に限られています。
「たのしいでんき」ブランドで販売されており、2016年6月時点の旧東京電力管内では、近い将来の低圧動力販売も表明されておりますが、従量電灯B、C対応のプランが先行開始されています。
こちらのプランは、いずれも基本料金、従量料金部分とも一律5%オフ。

 

従量電灯Bからの移行であれば、当初は20Aも募集がありましたが、3月31日で販売を終了しており、以降は30A以上であれば契約可能となっています。

 

たとえばたのしいでんき従量電灯B5とC5では、東京大江戸プランと称して、既存の5%引き。

 

東京電力エナジーパートナーの6月1日適用料金に比較すると、基本料金は30~60Aで842円40銭→800円28銭、1,123円20銭→1,067円04銭、1,404円00銭→1,333円80銭、 1,684円80銭→1,600円56銭円/基本料金で1kVAあたり280円80銭→266円76銭。従量部分は共通で、120kWhまでの第一段階料金、120~300kWh第二段階料金、300kWh~の第三段階料金は、19円52銭→18円46銭、 26円00銭→24円62銭、30円02銭円→28円44銭。

>>HTBエナジーの公式HPはこちら

・・・5%を超えてお得!・・・と気づかれた方

HTBエナジー株式会社1
実は、各地の料金について、2015年12月時点での各旧地域電力会社の料金に比較して、5%割引で一律設定されており、みなし移行会社の値上げがあっても「たのしいでんき」では、その細かな料金改定による値上げがありません。
とても小さな心配りですが、日々大量に使用する電気だけに、とても嬉しいお得ポイントです。

 

契約時には、スマートメーター取り付けが必要なほか、支払いはクレジットカードもしくはコンビニ払いで、コンビニ払いを選択した場合には、都度200円の手数料が必要です。クレジット払いで公共料金のポイントが貯まるカードを使っているなら、ポイントバック面でも期待できます。

 

いずれも、自社発電や自社の購買調達分を除けば、足りない部分は東京電力系から送られてきて電力が利用できること、また各ご家庭への引き込みまでは、全国どこの地域でも地域単位で共通の電線と電柱や変電配電所を経由してくるため、契約している新電力企業によって電気が送られてこない、電気の質が異なる、復旧時に東電以外は遅いといったこともありません。
どこの地域電力会社でも一律に、しかも基本料金から5%引きとなるプランは、新電力会社ではあまり見られず、毎月変動のある電気使用量といったご家庭では、とくに、魅力のある制度です。
東京電力管内や九州その他地域以外、幅広い全国展開が待たれるところです。

 

2社を比較してみると、たとえばスマートライフプランと、夜トク8、12プランでは、使用量が多くなれば多くなるほど、東京電力エナジーパートナープランがお得。
また、プレミアムプランでは、使用量がどのあたりにとどまるのかにより、お得かどうかの判断は分かれるところです。毎月の使用量ばらつきにもよります。

たとえば

東京電力エナジーパートナー3
東京電力エナジーパートナーのプレミアムプランで400kWh ちょうどを使用しているケースでは、たのしいでんきが、120*18.46+180*24.62+100*28.44=9490.80円の従量部分と、30Aで800円28銭からの基本料金=10291円08銭~に対して、東京電力エナジーパートナーは10168円。このケースでは契約アンペアにもよりますが、400kWh付近では東京電力エナジーパートナーがお得ですが、400kWh 中盤を超えて使用量が増えれば、たのしいでんきにメリットがあります。ですがその分、東京電力側には、ポイント付与制度が。

 

また300kWhでは たのしいでんきが120*18.46+180*24.62=6646.8円と、30Aで800円28銭からの基本料金=7447円08銭~に対して、東京電力エナジーパートナーのプレミアムプランなら10168円となり、クーラーや暖房に一般的に電気を使うご家庭でばらつきが出るなら、契約アンペアと季節によっては、お得度に差も生まれます。

 

 

 
頻繁に契約変更することで、手数料が発生するケースもあり、たとえば東京電力エナジーパートナーでは、前年の利用実績などの推移に基づいて、手数料無く自動的に契約料金体系パターンが遷移する「スマート契約」と呼ばれる契約類型にもとづくスタンダードS,L,Xプランなどもあり、家族の世代や在宅状況生活パターン変化が同一段階内で増加的あるいは不変で、これまでの実績をそのまま適用できるなら、こちらのほうがお得になる場合も有ります。
2社では割引メリットは、接近しており、より節約面を明確にしたいなら、過去1~数年の利用実績をまとめて分析することをお勧めします。
※スマート契約での基本料金は、スマートメーターで計測した過去1年間(その月と前11か月)の各月のピーク電力のうち、 最も大きい値を契約電力とした契約電力です。そのため、月により、契約電力が自動的に推移します。スマートメーターの計測値が出揃ってくることで、その中での最大値が使用されます。

 いかがでしたか?

東京電力エナジーパートナー5

とくにHTBエナジーでは、どこのエリアでも既存の各地域電力より基本料金を含めて5%オフと、お値段部分ではお得です。
また、大量使用が常に見込まれるケースや、特定の時間帯や用途によるパック料金では東京電力エナジーパートナーの割引額はぐっと大きくなります。

 

現在の使用方法を分析して、より良い新電力会社とおつきあいをつづけたいものです。

※いずれも算出に関しては各社同額である+燃料費調整額と再生可能エネルギー賦課金部分については、計算から除外しています。

>>HTBエナジーの公式HPはこちら

>>東京エナジーパートナーの公式HPはこちら

タカシ
なるほどね、料金が安くなるならHTBエナジーにメリットはあると思うけど、Tポイントとか持ってるのであれば話が変わってくるね。

オカン
現段階では横並びって感じもするけど、プランが多いから一個一個比較していったほうが良いかもね。

タカシ
面倒くさいけど仕方ない・・・

ハカセ
東京電力エナジーパートナーとHTBエナジーはこれからも新電力をけん引していく存在になっていくじゃろうからしっかりと注目しておくことじゃ!

新電力の一括無料見積をしてみよう

新電力ってどれがいいのか?

どのプランがいいのか?

どうやって選ぶのが正しいのか?

こういうことってさっぱりわからないですよね。

そんな場合に使えるのが新電力一括シミュレーション!

どれぐらい安くなるのか?どこがピッタリかが一発で分かります!

▼早速使ってみよう▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です