関西電力から電力自由化!個人の関西でおすすめ銘柄を比較しました

オカン
今の関西電力から新電力会社に変えようと思ってるんだけど、関西の銘柄で、個人の一般家庭で選ぶとしたらどこがいいのかな?

タカシ
新電力は種類が多いし、関西だけに絞って考えてもかなりの数があるもんね。一個一個調べるとか・・・

オカン
また馬鹿なことを!あんたそんなことできないでしょ。

タカシ
まあ、たしかに

ハカセ
おい、お前たち、関西の新電力で比較して調べてみたいということじゃな?

オカン
うん!

タカシ
なんというかさ、ちょっと数が多すぎるからちょちょちょっておすすめピックアップするとしたらどこになるの?

ハカセ
なるほど、関西の新電力の銘柄で注目すべきところを挙げてみるとしよう。一つ一つ説明していくので、少しまっておれ。

タカシ
あざーす!

電力自由化、関西エリアでお得な会社を比較しました

 

2016年4月からの電力自由化。それに向けてそれぞれの電力小売り業者が、お得なプランを出しています。今回は関西エリアの魅力的な電力小売業社を3社ピックアップしました。世帯人数別に、一番お得と思われる会社をご紹介します。

 

イチオシはここ!和歌山電力

和歌山電力1

関西エリア在住なら、真っ先に検討すべきなのが和歌山電力です。2人以上世帯なら、電気料金はこれまでより10%前後も安くなります。2人世帯で9.2%割引の年額¥10,622のコストダウン、3人世帯なら10.6%割引で年額¥14,089の値引き、4人世帯なら、11.8%もお得な、年額¥17,799の値引きになるのです。

 

オカン
うそうそ!ここすごくない?あたしの第一候補ここね!

タカシ
確かにいままで聞いたことのない割引率だし、要チェックだね!

 

しかも、これは標準プラン。もし2年契約にすれば、ここからさらに1%の割引です。4人世帯なら12.7%割引で、年額にすると¥19,133、月額でいえば¥1,595も安くなる計算です。

 

 

和歌山電力は、解約手数料も適正価格。標準プランを1年以内の解約した時に発生する違約金が、¥2,160、2年契約は期間中解約で¥3,240です。

 

 

電気料金の値引きが大きい会社なので、少なくとも3カ月以上利用したら元は取れる計算です。標準プランは1年以上利用していれば、いつでも違約金なしで解約できます。

 

 

ネックは、1人世帯にとっては割引率がほとんどないことと、和歌山電力そのものが新しい会社なので「大丈夫か?」という心配があることでしょう。

 

 

1人世帯は、2年契約でやっと1%の割引率なので、年額にしても¥500程度の値引きです。ここはほかの電力会社を検討しましょう。

 

 

和歌山電力そのものについては、2015年に設立された新しい会社です。不安になるのも当然ですが、エネルギー総合事業を手掛ける㈱日本新電力総合研究所と提携しており、和歌山県内で生産される電力の有効活用のために設立された会社です。

 

 

万が一倒産したら、という可能性はないわけではありませんが、その場合は、地域の電力会社(関西では関西電力です)が継続して電力供給を請け負いますから、電気が止まることはありません。

 

 

利用者は和歌山電力ほどの値引きは受けられなくなりますが、電気供給に問題はないわけです。これは電力自由化制度で決まっていることですから、安心ですね。
関西エリア全域をカバーしていますから、かなりお値打ちな小売り事業者です。

 

3人以上世帯ならお得に!大阪ガス

オカン
一年通すと結構な割引になるし、大阪ガス使ってるからそのままプランを移してもよそうだよね。

タカシ
ガスの代金も安くなっちゃったりして!

オカン
そっか!ガスと電力の両方が安くなれば家計にもきっと役立ってくれるわね!

ハカセ
そのとーり!大阪ガスの新電力はガスセット割というものが用意されている。ここをうまく使えば、今の生活費を抑えるのにかなり役立ってくれるぞ!

大阪ガスをつかってお得になるのは、2人以上の家庭です。大阪ガスの公式サイトによれば、従量電灯40A、4444kWh利用の場合で年間¥6200(ガスセット長期2年割引の場合)がお得になります。1カ月¥516の値下がりはかなり魅力的ですね。

 

 

これは、ガスセット割2年契約にして、5%割引を受けるからです。2年契約でないガスセット割では、3%の割引。しかしこれまでつかってきた関西電力の電気料金に比べれば、はるかに安いですね。

 

 

世帯人数が3人で、年間¥4,000ほどお安くなる計算です。ちなみに、2年契約は途中解約違約金(契約してから24カ月利用していないのに解約する場合)があります。これは¥2,000ですから6カ月以上利用している3人以上世帯なら、割引分でカバーできます。1年契約をするなら、最初から2年契約にしたほうがお得でしょう。

 

 

デメリットは、1人暮らし世帯にとっては安くないことです。電気をあまり使わない世帯では、お得率が関西電力よりも下がります。むしろ余計に払う計算になりますから、大阪ガスに乗り換える必要はないでしょう。

 

 

ちなみに大阪ガスへの乗り換えは、大阪ガスを使っていないエリアの人でも加入できます。

 

 

その場合の割引率は2%。3人世帯で年間¥2,698の値引きです。月額でいえば¥225ていどの割引ですが、何もしないよりはお値打ちになります。

 

HTBエナジー 1~2人世帯なら安くなる

オカン
大阪ガスもいいな~、ちょっと迷っちゃう~!でもさ、お父さん単身赴任していないし、タカシも大学は一人暮らしになるから世帯人数が少なくなるよね。だとすれば少人数世帯にいい新電力もあるんじゃないかな~

タカシ
なるほどね、僕も一人暮らしするから、そこ聞きたい!

オカン
でしょ!なんとしてもエステに行かなきゃいけないんだから!!

ハカセ
ハカセもお金が浮いたらエステとやらに行ってみたいのう!

タカシ
・・・・!!!!

 

HTBエナジーなんて会社は聞いたことがないよ、と思うかもしれません。ここは旅行会社のHISがやっている電力小売り事業者です。

 

 

電気は長崎のハウステンボスから生まれたクリーンエネルギーを供給するので、エコに関心がある人には注目ですね。

 

 

HTBエナジーの魅力は、契約アンペア数にかかわらず、既存電力会社(関西電力のことです)の5%引きになるということ。他の電力小売り事業者の場合、たくさん電気を使えばそれだけ安くなるという価格設定が基本です。
ですから1~2人世帯にとってはそれほど嬉しい価格にならないのですが、HTBエナジーは違います。

 

 

平均的な1人世帯で、年額¥2,537が割引になり、2人世帯では¥5,770の割引です。ほかの事業者ではこれほどの価格は出ませんから、1~2人世帯なら迷わずHTBエナジーをおすすめします。

 

 

ネックは解約時の違約金が高いこと。一般的には¥2,000~3,000程度の会社が多いのですが、HTBエナジーは¥9000+税です。1年たてばいつでも解約でき、エリア外に引っ越す場合は違約金が発生しませんから、絶対に1年は利用しましょう。

 

 

タカシ
今話題のクリーンエネルギーか!一年は使わないといけないけど、確実に一人暮らしなら使っておくべきだよね。

オカン
タカシ!あんたここにしなよ!

タカシ
ありだね!

 

まとめ 世帯人数によって使い分ける

和歌山電力2
以上から、1~2人世帯ならHTBエナジーが、3人以上でガス利用しているなら大阪ガスが、とりあえず関西に住んでいるなら和歌山電力を検討してみましょう。

 

 

関西地方はこれまで関西電力だけでしたが、多くの事業者が参入することで勢力図式がまったく変わってきそうなエリアです。正直に言いましょう。関西エリアはこれまで、日本一高い電力を使っていたとまで言われているのです。上手に選んでお得になりましょう。

新電力の一括無料見積をしてみよう

新電力ってどれがいいのか?

どのプランがいいのか?

どうやって選ぶのが正しいのか?

こういうことってさっぱりわからないですよね。

そんな場合に使えるのが新電力一括シミュレーション!

どれぐらい安くなるのか?どこがピッタリかが一発で分かります!

▼早速使ってみよう▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です