ついに来た!楽天エナジーのメリットとデメリットを早速紹介!

国際的eコマース企業から、幅広い通信ほかの各種サービスまで取り扱う大手「楽天」の電力小売り部門「楽天エナジー」のメリットデメリットについて紹介していこう!

2016年4月、「電力小売りの全面自由化」として一般家庭に向けても、新たに参入した新電力会社による電力の小売りが始まりました。

この新規参入業者の中に、ネット通販から各種のお得なサービスですっかりおなじみの、「楽天」が参入しました。
その名も「楽天エナジー」

これまでのネットや、各種販売、電話など、ありとあらゆるサービスもお得なものばかり。家庭用電力も、期待されるところです。

そんな「楽天エナジー」のメリットデメリットを調査してみました。

「」の企業体制について

楽天エナジー2

じつは楽天エナジー、最近さかんに報道されるようになりましたが、一般家庭向けの電力小売り前から、法人向けの電力小売りサービス各種を行ってきています。
また電力小売りだけでなく、小規模太陽光発電の取り扱いや、電力設備各種の無駄をなくすマネージメントサービスなど、専門のコンサルタント企業にお願いするより、ぐっと小さな規模から各法人でお願いできる各種の法人向け業務経験があります。
ちょうど数年前に、「R Energy Switch」で盛んに広告活動をしていたのが、楽天エナジーでした。

一般企業の他、店舗やホテルまるごとといった、電気の小売りと節電などのアドバイス経験を数年間積んでの、電力小売り参入となりました。

「楽天エナジー」の取り扱う小規模施設&御家庭向け新電力

楽天エナジー3

「楽天エナジー」では小規模施設&御家庭向け新電力契約として「まちでんき」のブランド名で、展開を始めています。
この「まちでんき」は、電力の仕入れを大口化して、そこからの分売により割安な電力料金を実現するといったタイプで、本サービスにおいては、発電設備などは自前で持っていません。楽天エナジーのまちでんきにおける電力調達と供給は、「丸紅新電力」を通してすべてを行っています。

2016年4月のサービス開始時には、北海道、関東、関西、九州のエリアで既に「まちでんき」によるサービスが開始されています。そして予定では2016年夏以降から、東北、中部、中国のエリアでも同サービスを展開する予定となっています。

契約プランとしては、東京電力の旧サービスでいう従量電灯Cに相当する「まちでんき プレミアムプラン」と、従量電灯Bに相当する「まちでんき スタンダードプラン」があり、契約する電力会社管内により、また契約従量と使用量により、どちらがお安くなるかは異なります。

 

HPを確認してみましょう!

http://energy.rakuten.co.jp/machidenki/
一例として引き続き東京電力管内での料金を見ていきましょう。
従量電灯Cに相当する「まちでんき プレミアムプラン」では、基本料金が1kVAあたり284.80円。そして従量料金はそれぞれ1kWhごとに東京電力に同じ段階的料金を採用しており、0~120kWhでは、19.43円、121~300kWhでは25.91円、301kWh~では26.85円と、同じく使用量が多くなるほど単価が高くなる設定となっています。

従量電灯Bに相当する「まちでんき スタンダードプラン」では30A以上からの契約となります。それぞれ料金を東京電力の6月1日新料金と、楽天エナジーで比較してみました。基本料金は30Aで842.40円=>1247.20円、40Aで1123.20円=>1247.20円、50Aで1404.00円=>1526.00円、60Aで1684.80園=>1804.80円。従量料金部分は、0~120kWhでは、19.52円=>19.43円、121~300kWhでは26.00円=>25.91円、301kWh~では30.02円=>25.91円と、121kWHを境に、従量料金は固定となりますが、基本料金と使用量との組み合わせで、どちらかお得かはかなり別れてしまいます。

現在の楽天エナジーには、たとえば深夜電力プラン相当や、特定の時間帯だけのお得なプランといったものは存在せず、一律料金プランといったものも存在しません。
もし、契約したいとなった時には、これまでの季節や時間帯その他による、使用量の詳細な分析を行ったうえで、本当にお得なプランを検討するのが良いでしょう。
仮に一か月だけをみてしまっても、多くのご家庭では電力使用量には季節によってのばらつきなどが発生します。条件如何では、逆に割高になる組み合わせも有り、こまかな確認と分析をおすすめします。

「楽天エナジー」のメリットデメリット

楽天エナジー4

では、実際に契約したときに考えられるメリットとデメリットについて見ていきましょう。

まずは楽天エナジーのメリットは?

楽天エナジー5
これまでのネットショッピング、トラベル、不動産、電話といった様々なサービスのときにも、申し込み、利用金額ごと、GWや夏休み、契約期間によって、楽天球団の優勝によって等様々のポイント還元などのメリットがありました。しかも他社よりも、その金額メリットが大きいことに特徴がありました。

今回の新電力による電力小売りでも、お得なサービスがやはりたくさん存在しました。

まず毎月の電気使用量10kWhごとに、楽天ポイント1ポイントずつ付与をはじめとして、エントリー&まちでんきの契約で一律5000ポイント付与。

そして、これまでのサービス同様に、他の楽天のさまざまなサービス利用に便利な、毎月の割引クーポン付与だけで数千円相当。たとえばKoboの毎月10%OFFや楽天MARTの200円OFF、楽天GORAの1000円OFFなど他社に比べてこれだけでもメリット大です。

この他にも会員には簡単なアンケートでポイント付与や、ラッキーくじでの抽選ポイント付与、エコ旅で数千円のポイントなどなど様々な通年、あるいは季節の企画が盛りだくさんです。

もはや楽天では、住宅を含めて購入できないものが無いといわれているほどの取り扱い品もく数でもあり、ネット購入を通常としている人には、とにかくお得です。

デメリットは?

楽天エナジー6
他の新電力サービスでは、新居に新たに電気を引く場合、賃貸(新築、増築など)や引っ越し時に新たに電気を引く場合でも、新電力会社を通して初日から使用できるところも多くあります。
楽天エナジーでは、新規の使用開始契約には対応しておらず、既に他の電力会社との契約で電気を使用している建物からの切り替えに限られます。
故障時も、まず始めに、楽天エナジーに連絡ではなく、地域電力会社に相談する体制になっている点などが、一部のサービス企業とは異なっている点でもあります。

「楽天エナジー」の申込と使用開始方法は?

楽天エナジー7

契約時には、最低でも1月分の電気使用の検針票を用意して、パソコンもしくはスマートフォンから、WEB経由で申し込む必要があります。

その後、楽天エナジーから郵送されてくる登録用紙に、支払い銀行口座などを記載し返送。そして、地域電力会社経由でのスマートメーター取り付け(立会不要)をへて、楽天エナジーの使用開始となります。

サービス面、電力の品質面では他社同様に、いずれも、自社発電や自社の購買調達分を除けば、足りない部分は地域各電力会社系から送られてきて電力が利用できること、また各ご家庭への引き込みまでは、全国どこの地域でも地域単位で共通の電線と電柱や変電配電所を経由してくるため、契約している新電力企業によって電気が送られてこない、電気の質が異なる、復旧時に楽天エナジーなら遅いあるいは楽天エナジー以外は遅いといったこともありません。

 いかがでしたか?

楽天エナジー8
とくに楽天エナジーでは、料金そのものがお得になる&ポイント還元以外にも、楽天エナジー利用者に対する、その他の楽天サービスでの限定メリットが盛りだくさん。
現在の使用方法を分析して、さらにおとくなら楽天の新電力サービスと契約するのも悪くありません。

年間の電力使用量や、買い物実績など、この機会にしっかり分析してみてはいかがでしょうか?

※いずれも算出に関しては各社同額である+燃料費調整額と再生可能エネルギー賦課金部分については、計算から除外しています。

新電力の一括無料見積をしてみよう

新電力ってどれがいいのか?

どのプランがいいのか?

どうやって選ぶのが正しいのか?

こういうことってさっぱりわからないですよね。

そんな場合に使えるのが新電力一括シミュレーション!

どれぐらい安くなるのか?どこがピッタリかが一発で分かります!

▼早速使ってみよう▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です