セントラルパワー「中央セントラル」のメリットとデメリットに言及

ガスで培ってきた安心安全と迅速サービスを電気でも、そして更にお得に「中央セントラルガス」の新電力

「電力小売り自由化」開始の2016年4月より、これまで数多くのガス供給実績をほこる「中央セントラルガス」が一般家庭に向けても、電力小売りを開始しました。

お得な電気がLPガスと組み合わせて更にお得という、「中央セントラルガス」の「セントラルパワー」の新電力サービスについて、ご紹介します。

そもそも「中央セントラルガス」とは?

中央セントラルガス2

ポレッタ君のLPガスでおなじみの、中央セントラルガスは、もともと、栃木、静岡、神奈川での、LPガス販売を中心に展開してきたガス小売り企業です。
ガスと電気を組み合わせて、もっとお得にと、これまでの販売網のある地域を中心に、東京電力管内と、静岡県富士川以東での電力供給サービスを2016年4月の電力小売り自由化と同時に開始しました。
ブランド名は「セントラルパワー」

「セントラルパワー」の電力料金は?

中央セントラルガス4
セントラルパワーの料金メリットはなんといっても特定使用量範囲でぐっと割引+ガスとのセット割の2段階のパワフルな割引システムです。
多くの都市ガスや地域ガス、LPガス会社などが新電力に参入していますが、割引額についてはあまりお得度が感じられないところも少なくありません。
で・す・が、このセントラルパワーは、電気のみ使用でも、LPガスとセットでの使用でも、どちらもとてもお得。

これまでセントラルガスを知らなかった東京電力管内の方も、ぜひ検討してみる価値はあります。

電気料金の詳細ですが、契約可能なタイプは、東京電力で言う従量電灯Bで契約電流10~60A、従量電灯Cで、他の新電力会社の多くと比較しても、幅広い契約タイプを受け付けています。
例えば2016年6月1日から適用になる新料金で東京電力とセントラルパワーの従量電灯Bを比較すると、これまでの従量電灯Bの契約種別10、15、20、30、40、50、60Aの各基本料金は、280.80円/280.80円、421.20円/421.20円、561.60円/561.60円、842.40円/842.40円、1123.20円/1123.20円、1404.00円/1404.00円、 1684.80円/1684.80円、第一段階料金(120kWhまで)、第二段階料金(300kWhまで)、第三段階料金は、19.52円/19.52円、 26.00円/26.00円、30.02円/30.02円となっています。

また従量電灯Cも同様に比較すると、
基本料金が1kVAあたり280.80円/280.80円、第一段階料金(120kWhまで)、第二段階料金(300kWhまで)、第三段階料金は、19.52円/19.52円、 26.00円/26.00円、30.02円/30.02円となっています。

東京電力と全く同じ!?これでは割引メリットが感じられません。

中央セントラルガス5

実は、セントラルパワーの場合、この料金から、一か月あたりの使用量に応じた、ガスとの組み合わせ連携割引の「特定使用量割引」が段階的に設定されています。
これまでの電力会社の検針票などでよくご存じのとおり、電気料金の使用量相当部分は、これまでも、使えば使うほど、多い部分の使用量単価が高額になるシステムでした。
第一段階料金が一番割安で、第三段階の単価が一番割高。
セントラルパワーの料金設定では、この一か月間の使用量に応じて、第一~三段階までの料金合計に対しての割引が適用されるのです。しかも、使用すれば使用するほどお得になります。

「特定使用量割引」は、一か月の使用量250~999kWhで約5%、1000~1499kWhで約10%、1500kWh以上で約12%となっています。

従量電灯Bで、30A契約、月々の電力使用が300kWhのケースで見てみます。
842.8+120*19.52+180*26=4680+2342.4+842.8=7865.20円
ここに5%の割引が適用されるので7471.94円
一人暮らしでクーラーを平日たまに、また土日に使うといったお勤めの方でも、このくらいの金額になることもあり、一か月あたりで見ると393.26円、12か月では4719.12円もの違いにつながります。
かなり大きいですね。
しかも使えば使うほど割引率は上がるので、お得な金額がどんどん広がります。

セントラルパワーのメリットデメリットは?

中央セントラルガス6

大きなメリットとしてはLPガス会社がベースなので、期待通りのガスとのセット割引、そして迅速で手慣れたユーティリティー対応体制が整っている点があります。電気自体も大手石油元売りの昭和シェル石油の発電設備からの電源構成を中心に据えています。都心の天然ガス、バイオマスなどの発電所は比較的新しい設備で、信頼性も効率も高いといわれています。
また、契約手続きにおいては、いつでも契約解約の手数料が不要なので、お試し的に乗り換えてみるといった利用方法も可能です。ただ、金額メリットの恩恵を受けることができる使用バランスのご家庭では、なかなか節約金額も大きくなることも多いだけに、引き続き利用してしまうケースも考えられます。

また、キャンペーンでは時期により、QUOカードプレゼントなどの申込み特典や、電気料金以外のガス料金の特別割引も有ります。

中央セントラルガス8

デメリットとしては、年間の電気使用量の変動等に対応したコースや、深夜電力中心利用者向けなどの特別パックなどが無いため、そういったプランの恩恵を受けている世帯には、割高になってしまう可能性がある点などがあります。
また電力使用のみでの申し込みも可能ですが、手数料が一切発生しないながら、東京電力の従量制料金とまったく同額となってしまう点はデメリットと呼べるかもしれません。

 セントラルパワーの申込方法は?

中央セントラルガス7

電気ご使用量のお知らせを用意し、栃木、神奈川、東京のガス営業店へ連絡。そして電気料金診断などを受けて申込用紙に記載提出する方法のみです。
支払いには、口座振替の他クレジットカードが利用でき、毎月の支払方法も、比較的充実しています。

 いかがでしたか?

セントラルパワー「中央セントラル」 メリット デメリットとは1

LPガス利用者なら断然お得なセントラルパワー。

現在のLPガス利用乗り換えを含めて、検討してみてはいかがでしょうか?

※料金2016年6月調べ

新電力の一括無料見積をしてみよう

新電力ってどれがいいのか?

どのプランがいいのか?

どうやって選ぶのが正しいのか?

こういうことってさっぱりわからないですよね。

そんな場合に使えるのが新電力一括シミュレーション!

どれぐらい安くなるのか?どこがピッタリかが一発で分かります!

▼早速使ってみよう▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です