天然ガスとセット割!青梅ガス電気のメリットをデメリットを知ろう!

天然ガス!LPガス!電気!のセット割引、新電力「青梅ガスのでんき」のメリットデメリットはどうなのでしょうか?

「電力小売りの全面自由化」2016年4月の開始とともに一般家庭に向けても、新たに参入した新電力会社による電力の小売りが始まりました。

都市ガス、簡易ガス、LPガスを中心としたサービス展開の「青梅ガス」も電気供給を開始しています。

やはり気になるのは、そのサービスと料金。
そこで、「青梅ガスのでんき」について調査してみました。

 青梅ガスの電力プランは3タイプ

青梅ガスのでんき2
「青梅ガス」のサービス提供地域は、関東エリア東京電力のエリア内に限られています。
電力プランでは、東京電力の動力、電灯従量B、電灯従量Cに相当する使えば使うほどお得なコースをそれぞれ用意。そしてガスとのセット割引では、そこからさらにぐっと割引というシステムです。

それでは順に詳細を見ていきましょう。

・OGプランB

30~60Aで契約が可能、ガス契約が無い世帯でも申し込めます。
例えば2016年6月1日から適用になる新料金で
東京電力と青梅ガスのでんきを比較すると、これまでの従量電灯Bの契約種別30、40、50、60Aの各基本料金は、842.40円/842.40 円、1123.20円/1123.20 円、1404.00円/1404.00 円、 1684.80円/1684.80円と同一です。
東京電力の第一段階料金(120kWhまで)、第二段階料金(300kWhまで)、第三段階料金は、19.52円、 26.00円、30.02円に対して青梅ガスのでんきでは第一段階料金(340kWhまで)、第二段階料金(340kWhを超える)は、23.94 円、26.20 円となっています。
基本料金が同一ということもあり、東京電力の第二段階を超えれば、青梅ガスのでんきがお得になります。

・OGプランC

東京電力の従量電灯Cに該当する本プランでは、6kVA以上50kVA未満で契約が可能です。商店などでも小規模あるいは多少大規模であれば、個人でも利用できない可能性もありプラン検討には注意も必要です。
基本料金は1kVAあたり280.80 円、電力量料金も東京電力の第一段階料金(120kWhまで)、第二段階料金(300kWhまで)、第三段階料金は、19.52円、 26.00円、30.02円に対して、第一段階料金(340kWhまで)、第二段階料金(340kWhを超える)は、25.00 円、26.70 円となっています。
こちらは第二段階料金を超えたあたりで、使えば使うほどお得になります。

・OG動力プラン

東京電力の低圧電力(旧動力)に相当するのが0.5kW以上50kWまでの契約電力であれば契約できる動力プラン。これがあるのは、新電力のなかでは嬉しいサービスです。
東京電力と青梅ガスのでんきを比較すると基本料金は、1kVAあたり1,101.60円/777.67 円。電力量料金は東京電力が夏季とその他で17.06円/15.51円と設定を分けているのに対して、青梅ガスでは18.81 円。
こちらは使用量にあわせて、また季節変動でかなり大きく分かれるところです。
契約される前には、機材やエネルギー診断を受けることをお勧めします。

・ガスセット割引

いずれかの「青梅ガス」との使用契約があり、ガスと電気の使用場所と契約者名が同じであれば、「ガスセット割引」の適用対象になります。いずれのプランでも使用量毎の料金から、各段階の単価より1円ずつ割引というシンプルなシステム。いずれの段階単価よりも割引なので、毎月数百円と、かなりのお得度です。

青梅ガスのでんきのメリットは?

青梅ガスのでんき3
このようにガスの利用者以外にも、ひろく電気料金メリットがある料金体系なのが、青梅ガスの特徴。
エネルギーの見える化による、スマートメーターを利用した、自分のエネルギー使用量一覧などのサイトが、PC、スマホなどから確認できますが、そのレポートが詳細で見やすい点も、やはりユーティリティーならではという感じで、節約派のご一家には心強い味方です。

青梅ガスのでんきのデメリットは?

契約できる基本契約アンペアに制限がある点や、ガス契約があるならガス契約の支払い方法と同方法での支払いとなり、またガス契約が無いのならクレジットカードによる月々の支払となる点で、選択肢がないことは、多少残念なポイントです。

青梅ガスのでんきの申込方法は?

青梅ガスのでんき4
青梅ガスの専用フリーダイヤル0120-24-8112に電話をすると、電気料金シミュレーションから契約まで行うことができます。
月々の使用量明細や検針票を手元に用意して相談しましょう。

 いかがでしたか?

青梅ガスのでんき5
他社に比べてポイントバックやプレゼントといったサービスは無いのですが、割引額が多い点など、かなり料金面への還元で、しっかりとした制度といった印象です。

電力自体はもし青梅ガスの調達先が不足しても、東京電力から融通されること、また各ご家庭への引き込みまでは、地域で共通の電線と電柱や変電配電所を経由してくるため、電気の質そのものに、契約している新電力企業によって、変わりはありません。

青梅ガスとのこれまでのお付き合いがあってもなくても、一度検討してみて損はないサービスです。

※料金2016年6月調べ

新電力の一括無料見積をしてみよう

新電力ってどれがいいのか?

どのプランがいいのか?

どうやって選ぶのが正しいのか?

こういうことってさっぱりわからないですよね。

そんな場合に使えるのが新電力一括シミュレーション!

どれぐらい安くなるのか?どこがピッタリかが一発で分かります!

▼早速使ってみよう▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です