新電力の中では突出した個性!CO2排出量ゼロ!太陽光発電システム設置料ゼロ!のじぶん電力

2016年4月「電力小売りの全面自由化」で小規模法人や一般家庭に向けた新電力会社による電力小売りが始まりました。

 

この新規参入業者の中に、世界でもかなり個性的なサービスを行う企業があります。それが、株式会社日本エコシステムが行っている「じぶん電力」。

 

一体どんな個性派サービスなのでしょうか?

そんな「

」のメリットデメリットを調査してみました。

「じぶん電力」の基本的なしくみについて

「じぶん電力」のメリットデメリットについて7

この「じぶん電力」は、これまで太陽光発電システムの販売設置を行ってきた、株式会社日本エコシステムが運営しています。「契約期間が20年」と少し他社よりは拘束期間の長い契約と同時に、ご自宅の屋根に、株式会社日本エコシステムに所有権のある、国産メーカーソーラーフロンティア社製の太陽光発電システムが設置されます。ちょうどイメージとしては、屋根にある日照空間を貸しているといった感じです。

 
この設置に際して、パーツの費用や工事費など、契約者が負担する費用は「0円」です。
そしてここで発電された電気の所有権は、株式会社日本エコシステムに帰属します。

 
その電気はルートとしては宅内にまず送られ、その中から屋根の持ち主が使用し、使用した分だけ料金を日本エコシステムに支払います。余剰分は、持ち主である日本エコシステムが、電力会社に買い取ってもらう形式です。

 

>>じぶん電力の公式HPはこちら

「じぶん電力」のメリットデメリットについて11

 

【このあたりは民法で言う木に成った果実をイメージしてもらえればよいでしょうか?
土地は貸していますが、樹木とそこに降った雨水や栄養分は日本エコシステムの物。そこからほしくなれば、日本エコシステムにその果実分を支払って分けてもらうというスタイルです。】

 

ソーラーシステムでは夜間や悪天候、故障時の発電ができませんが、その間は、日本エコシステムが外部から仕入れたお得な価格の電気を使用します。これは、これまでの送配電網(電柱や電線)を利用して、日中でも夜間でも不足があれば送られてくるシステムです。

 

この販売分や使用分などを毎月精算して、クレジットカードで支払います。主にこれがでんきの利用料に相当します。

 

太陽光発電システムの20年間の契約満了後は、屋根にある設備まるごとの所有権が、屋根の持ち主に移転します。
通常の什器と同じで、20年間の契約の途中で、そのシステム全体を買い取ることも可能です。もちろん運用により、年々設備の価額は下がって行きますので、長年使うほどリーズナブルに買い取ることができます。

「じぶん電力」のサービス可能エリアと設備条件について

「じぶん電力」のメリットデメリットについて9
このたいへん個性的なシステムですが、サービスを受けられない地方自治体は、北海道、青森県、秋田県、岩手県、山形県、新潟県、富山県、石川県、福井県、沖縄県。

 
また建物自体にも制限があり、2階建て以下の物件でかつ所有しているケース、築20年未満もしくは新築予定の物件。

 
その他の発電蓄電設備を持たない物件であること。
申込者や同居の家族が60歳未満であることなどが条件となっています。

「じぶん電力」の申込方法について

「じぶん電力」のメリットデメリットについて8
コールセンターに電話後、条件を確認したら、でんきの検針票1か月分とかかる物件の図面を用意して、Eメールで送付します。

 
その後、現地調査を経て問題が無ければ、電気購入先の切り替えをへて設置工事と、自宅屋根で発電した電力使用が開始されます。

>>じぶん電力の公式HPはこちら

ここまでが、まずは、じぶん電力のお得な電力を使用するための手続きと工事です。

では、料金体系について詳しく見ていきましょう。

「じぶん電力」の各種プランについて

「じぶん電力」のメリットデメリットについて6
各電力会社エリアで料金はことなります。代表的なところで東京電力エリアを見ていきましょう。

 

大きく分けて従量制の「標準プラン」に、それぞれオプションで月額料金を払うことで追加できる2つのプラン、カーボンオフセットで、CO2排出係数ゼロの「地球応援プラン」(+100円)、福島ユナイテッド関連の様々なプレゼントやサインなどが届く「福島ユナイテッド応援プラン」(+500円)などが存在します。

 

料金区分は、個人宅向け「標準プランA」と法人向け「標準プランB」の2つがあります。
屋根における太陽光発電分は電力量料金のみでよく、標準プランA:標準プランBで、1kWhあたり27.00:27.00円。

 
また夜間など外部から供給される部分については、基本料金が標準プランAでは30A 801.47、40A 1,068.63、50A 1,335.78、60A 1,602.94円。標準プランBでは 1kVAあたり 267.15円
ここに電力量料金として標準プランA、Bでともに、最初の120kWhまで 18.93、120kWh超過300kWhまで 24.91、300kWh超過分 28.43円となっています。

 

例えば東京電力と比較すると、842.40円、1123.20円、1404.00円、 1684.80円ですが、第一段階料金(120kWhまで)、第二段階料金(300kWhまで)、第三段階料金は、19.52円、 26.00円、30.02円となっておりどの区分で見ても、東京電力料金よりはぐっとお得、他の新電力会社と比較しても、突出した割安感となっています。

 
しかも、太陽光発電部分は送電網などとは無関係の宅内での配電で独立しているため、燃料費調整額、再エネ発電賦課金はこの使用には一切発生しません。地域や季節天候による、発電量の増減はありますが、思ったよりももうすこしお安いといった印象を受けるかもしれません。

 

ここに地球応援プランでは、毎月100円の負担で、カーボンオフセットによる、CO2排出係数ゼロ化
また福島ユナイテッド応援プランでは、毎月500円のフランで、福島ユナイテッドが直接育成の福島地域の果物ほかを選手のサイン入りで年に2回もいただけるという嬉しいプラン。オプションの2つのプランは、基本料金の中に合算されます。

「じぶん電力」のメリットデメリットについて

 

それではじぶん電力にはそれぞれどのようなメリットとデメリットがあるのかを確認していきましょう。

どんな電力会社にもメリットもあればデメリットもあるものです。

メリット

「じぶん電力」のメリットデメリットについて
なんといっても高額なソーラーシステムが無償でといった点と、電気代が初月からとても割安といった点がメリットです。

 
地域によっては、発電量が十分確保できないといったケースも有りますが、それでも、東京電力管内で比較すれば、それよりもぐっと各料金がお安くなっています。

 

>>じぶん電力の公式HPはこちら

デメリット

「じぶん電力」のメリットデメリットについて4
自宅の屋根を貸し出す関係で、天候変化や庭木のメンテナンスなどに影響を受けたり、それらの費用がかかるケースがあります。また台風その他の天災による屋根壁といった接地面の強度確保をはかるためのすみやかな修理は欠かせなくなります。(※設備のメンテナンス・交換の費用は日本エコシステムが一切を負担します)

 
また自然エネルギーのため、当初より太陽光発電優先と考えていると、季節や月、また近隣の住宅建設などで、予想もしない発電量減少などで料金増減が発生するケースも有ります。
人によっては、太陽光発電システムや送電設備、切り替えといった音がうるさいと感じられる方もあります。

 
何よりいくらお得な電力料金だからと言え、契約期間が20年間。その期間ずっとFITによる電力買取制度が機能してくれていればよいのですが、このあたりは未知数です。

 
またこちらではなく過去に存在した別の業者の事例では、サービス停止その他で、ローンや分割による支払の資金繰りが停止され、契約途中で優先される債権者に発電等の設備を撤去改修されたといったケースなどが各地で有り、紛争となりました。

 
また、こちらのシステムでは、宅内に蓄電設備を設置しないことが本システム設置の条件となっており、所有権が日本エコシステムにある間は、家庭向けの蓄電回路設備を設置することができません。

 

料金支払いはクレジットカードのみなので、このあたりに不便さを感じられる方もあるかもしれません。

 いかがでしたか?

じぶん電力のメリット、デメリットとは1
設備設置が条件ですがかなりお得な料金体系となっています。

比較的新しく丈夫な物件を自己所有されているなら、こちらも検討されてみてはいかがでしょうか?

※いずれも算出に関しては各社同額である+燃料費調整額と再生可能エネルギー賦課金部分については、計算から除外しています。

>>じぶん電力の公式HPはこちら

新電力の一括無料見積をしてみよう

新電力ってどれがいいのか?

どのプランがいいのか?

どうやって選ぶのが正しいのか?

こういうことってさっぱりわからないですよね。

そんな場合に使えるのが新電力一括シミュレーション!

どれぐらい安くなるのか?どこがピッタリかが一発で分かります!

▼早速使ってみよう▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です