入間市の都市ガス、簡易ガス、LPガス、太陽光発電でおなじみ「入間ガス」のメリットデメリット

2016年4月「電力小売りの全面自由化」で小規模法人や一般家庭に向けた新電力会社による電力小売りが始まりました。

 

とくにガスや電話通信、インターネットといった企業が、ユーティリティーで培ってきた、細やかなサービス体制や事業所や窓口配置、セット割や同じ工事部門や技術者など持っていることから、多く参入してきています。

 

埼玉県入間市に1972年に設立され、入間市近郊エリアを中心としたサービス提供を続けている「入間ガス」もそんな新規参入の新電力企業の1つです。

 

今回は「入間ガス」の電力サービス部門のメリットデメリットを簡単にまとめてみました。

「入間ガス」のでんきの特徴について

入間ガス2

入間ガスは東京電力のB、Cと旧動力(低圧)契約に対応した「いるまるプランB」「いるまるプランC」「いるまるプランD(動力)」との3タイプの料金体系と、更に入間ガスグループいずれかのガス契約との併用で、お得な「ガスセット割引」が適用されます。

 

入間ガスの場合この「ガスセット割引」額がどーんと大きなことが特徴的です。なんとどのプランでも、使用電力量料金から1kWhあたりマイナス1円。これはかなり大きな差額につながります。

 

では契約プランを順に見ていきましょう。

「いるまるプランB」

いるまるプランB
まず「いるまるプランB」は現在の東京電力の30A~60A契約者を対象としています。
それぞれ東京電力:入間ガスで見ていくと、

 
30A 842.40:842.40円、40A 1123.20:1123.20円、50A 1404.00:1404.00円 60A 1684.80;1684.80円とかわりませんが、

 
電力量料金では東京電力とはそれぞれ使用電力量の区分が異なり、東京電力では3段階で第一段階料金(120kWhまで)、第二段階料金(300kWhまで)、第三段階料金はそれぞれ、19.52円、26.00円、30.02円となっています。

 
入間ガスは2段階で最初の350kWhまでが1kWhにつき23.80円 、それを超えた分が26.13円。
300kWh近くで、電気料金だけでも入間ガスのほうがお得に転じます。

「いるまるプランC」

いるまるプランC
商店やご家庭で契約されることの多い、従量電灯Cでは6~50kVA未満の契約のみが可能です。
それぞれ東京電力:入間ガスで見ていくと

 
基本料金は1か月及び契約容量1kVAにつき280.80:280.80円とかわらず 電力量料金では東京電力とはそれぞれ使用電力量の区分が異なり、東京電力では3段階で第一段階料金(120kWhまで)、第二段階料金(300kWhまで)、第三段階料金はそれぞれ、19.52円、26.00円、30.02円となっています。

 
入間ガスは2段階で最初の350kWhまでが1kWhにつき24.88円 、それを超えた分が26.45円。
300kWh近くで、こちらも電気料金だけでも入間ガスのほうがお得に転じます。

 

それぞれガス利用のある建物での契約では、ここから、「いるまるプランB」、または「いるまるプランC」なら1kWhにつき1円割引。
かなりのお得度につながります。

「いるまるプランD」

いるまるプランD」
東京電力の低圧動力に相当するプランで0.5~50kWのケースで契約可能です。
それぞれ東京電力/入間ガスで見ていくと
基本料金:夏季:その他/1,101.60円:17.06円:15.51円/777.68円:18.81円:18.81円となり、比較的少額の利用で入間ガスのほうがお得となります。また、季節変動が激しいケースでも、東京電力の方がお得度で上回ることがあり、注意が必要です。

 

くわえて入間ガスでは公共サービス企業ということもあり、契約期間がいつ契約したとしても毎年12月31日となります。そしてとくに申し出がない限りには、1月1日から引き続き同じ契約内容で契約が継続されることになります。

「入間ガス」のでんきのサービスとメリットデメリット

入間ガス」のでんきのサービスとメリットデメリット

やはり、メリットでは、「いるまるプランB」または「いるまるプランC」での1kWhあたり1円の単価割引は大きなものがあります。

 
またガス会社なので、電気やガスの住宅関連工事含め、様々の公共料金設備の相談も可能。
もともとが公共サービスの会社でもあり、安心してお願いできるネットワークもあります。

デメリットとしては、
お値段面のメリットは大きく、とくにガスとのセット割などは充実している一方で、大手各社や広域サービスを展開している企業に比較して、割引+ポイントバックといった複合割引や、その他の電力利用者への別のユーティリティーや宿泊旅行ショッピングといったお楽しみ的割引は薄いという点が挙げられます。
それでも比較的地方にあり、物価も安くといったあたりから考えれば、使用量の割引が大きい点だけでデメリットはとくに感じにくいかもしれません。

「入間ガス」のでんきの申し込みは?

「入間ガス」のでんきの申し込みは?

いずれのコースも、「使用中の他社からの乗り換え」「転居により新たに電気契約を開始するケース」で九電みらいエナジー経由で申し込むことができ、インターネットから、もしくは電話での手続きが可能です。

 

その他にも、電気料金の支払いには、クレジットカードか口座振替が必要な点など、これまでコンビニ払いを使用していた方には、不便を感じることも多いかもしれません。

 

通常の電力利用では他社同様に、いずれも、足りない部分は地域各電力会社系から電気が送られてきて変わらない品質の電力が利用できることは2016年のサービス開始現在では約束されています。また全国どこの地域でも地域単位で共通の電線と電柱や変電配電所を経由してくるため、自分が契約している新電力参入企業によって故障や停電時に復旧しない、あるいは1社の新電力企業分だけが送電されないといったこともありません。

 いかがでしたか?

展開している地域は非常に狭いのですが、契約アンペアとの組み合わせ次第では、使えば使うほどお得!しかもガスとのコンビでの割引額がとにかく魅力的な電気料金体系です。

 
昨年1年間の電気使用量をひっぱりだしてきて、気軽に相談計算しなおしてみるのもおすすめです。

 

※いずれも算出に関しては各社同額である+燃料費調整額と再生可能エネルギー賦課金部分については、計算から除外しています。

新電力の一括無料見積をしてみよう

新電力ってどれがいいのか?

どのプランがいいのか?

どうやって選ぶのが正しいのか?

こういうことってさっぱりわからないですよね。

そんな場合に使えるのが新電力一括シミュレーション!

どれぐらい安くなるのか?どこがピッタリかが一発で分かります!

▼早速使ってみよう▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です