埼玉県南西部、富士見、三芳、朝霞、志木、狭山のガス供給「大東ガス」による「DAITOでんき」のメリットデメリット

2016年4月「電力小売りの全面自由化」で小規模法人や一般家庭に向けた新電力会社による電力小売りが始まりました。

 

とくに関東市部では豊富な設備工事や公共サービスのノウハウをもつ各種ガスその他の企業が、ユーティリティーで培ってきた、細やかなサービス体制や事業所や窓口配置、また同じ工事部門に精通する有資格者など擁していることから、多く参入してきています。

 

埼玉県入間郡三芳町に昭和36年設立され、埼玉南西部と東京近郊エリアを対象に、都市ガス事業、ガス器具や住宅設備機械などの公共サービス提供を続けている「大東ガス株式会社」も2016年4月の電力小売りの全面自由化で新規参入した新電力企業の1つです。

 

そのメリットデメリットをまとめてみました。

 大東ガス株式会社の「DAITOでんき」の特徴について

DAITOでんき2

「DAITOでんき」は東京電力のB契約に対応したプラン1、C契約に対応したプラン2、法人向け低圧動力タイプのプラン3の3つの契約タイプを取り扱っています。

 
残念な点は大東ガス供給エリアの世帯にのみ、「DAITOでんき」契約可能世帯が限られていること。
具体的には、三芳町・朝霞市・志木市・富士見市の全域と、入間市・新座市・所沢市・川口市・東京都日野市・神奈川県座間市のそれぞれ一部です。

 

メリットとしてはガスセット割引がとてもお得で大東ガスの都市ガス利用者「DAITOでんき」を契約すると、電力量料金1kWhにつき単価1円の割引と、かなり見逃せない金額になっています。

 

では契約プランを順に見ていきましょう。

 「プラン1」

10

現在の東京電力の30A~60A契約者を対象としています。
それぞれ東京電力:DAITOでんきで見ていくと、
30A 842.40:842.40円、40A 1123.20:1123.20円、50A 1404.00:1404.00円 60A 1684.80;1684.80円とかわりませんが、
電力量料金では東京電力:DAITOでんきではそれぞれ第一段階料金(120kWhまで)、第二段階料金(300kWhまで)、第三段階料金はそれぞれ、19.52:23.60円、26.00:23.70円、30.02:27.00円となっています。
第一段階での単価差が大きいため、200kWhをかなり超えたあたりで、DAITOでんきのほうがお得に転じます。

「プラン2」

プラン2
商店やご家庭で契約されることの多い、従量電灯Cでは6~50kVA未満の契約のみが可能です。
それぞれ東京電力:DAITOでんきで見ていくと

 
基本料金は1か月及び契約容量1kVAにつき280.80:280.80円とかわらず 電力量料金では東京電力とはそれぞれ使用電力量の区分が異なり、東京電力では3段階で第一段階料金(120kWhまで)、第二段階料金(300kWhまで)、第三段階料金はそれぞれ、19.52:24.67円、26.00:24.72円、30.02:25.30円となっています。
第一段階での単価差が大きいため、こちらも200kWhをかなり超えたあたりで、DAITOでんきのほうがお得に転じます。

「プラン3」

東京電力の低圧動力に相当するプランで0.5~50kWのケースで契約可能です。
それぞれ東京電力/DAITOでんきで見ていくと
基本料金:夏季:その他/1,101.60円:17.06円:15.51円/747.90円:19.81円:19.91円となり、基本料金が東京電力に比較してとても少なく設定されており、そのため少額の利用でDAITOでんきのほうがお得となります。また、季節変動が激しいケースでは、電力料金で単価2.5円以上の差をつけている東京電力の方がお得度で上回ることがあり、注意が必要です。

 

それぞれ大東ガスの都市ガス利用のある建物での契約では、「ガスセット割」としてここから、1kWhにつき1円割引となります。かなりのお得度につながります。
ただし利用に際しては、ガスの契約者と使用場所、支払い方法が同一であることが条件。
長く使用して名義変更などを忘れている場合、この契約時に変更手続きも行ってもらえます。

 

もともと大東ガスの都市ガスは、プロパンに比べて圧倒的にお値段がリーズナブルということもあり、この単価あたりの1円もかなりお得です。

 

大東ガスでは、口座振替、クレジットカード払い、振込用紙のそれぞれが利用でき、支払いが至便です。
新電力ではなかなか行っていないサービスだけに、特に家計簿や企業会計などで毎月強く意識しておきたい層には嬉しいサービスです。

「DAITOでんき」のサービスとメリットデメリット

「DAITOでんき」のサービスとメリットデメリット

やはり、メリットでは、での1kWhあたり1円の単価割引は大きなものがあります。
またガス会社なので、電気やガスの住宅関連工事含め、様々の公共料金設備の相談も可能。
台所などの設備工事なども含めた提案も行っており、電気についても頼もしく感じられます。

 

また支払い方法が口座引き落とし、クレジットカード、振込用紙とあるあたりも便利です。

デメリットとしては、
大東ガスのサービスエリアのみのごく狭いエリアしか契約できない点とポイントキャッシュバックなどがキャンペーン期間の申し込み以外は存在しない点。。
それでも比較的地方にあり、物価も安くといったあたりから考えれば、使用量の割引が大きい点だけでデメリットはとくに感じにくいかもしれません。

 

通常の電力利用中のご家庭では、他社同様に、足りない部分は地域各電力会社系から同じ電線や電柱経由で電気が送られてきて、契約している新電力会社によらず変わらない品質の電力が利用できます。また全国どこの地域でも地域単位で共通の電線と電柱や変電配電所を経由してくるため、自分が契約している新電力参入企業によって故障や停電時に復旧しない、あるいは1社の新電力企業分だけが送電されないとトラブルもなく、同じエリアの復旧状態は基本的にはその他罹災状況などの影響がない限りは同じとなります。

 いかがでしたか?

展開している地域はごく狭いのですが、契約アンペアとの組み合わせ次第では、使えば使うほどお得!しかもぐっとお得な都市ガスとのコンビでの割引額がとにかく魅力的な電気料金体系です。

 

契約対象エリアであれば、一度じっくり調べてみてはいかがでしょうか?

 

※いずれも算出に関しては各社同額である+燃料費調整額と再生可能エネルギー賦課金部分については、計算から除外しています。

新電力の一括無料見積をしてみよう

新電力ってどれがいいのか?

どのプランがいいのか?

どうやって選ぶのが正しいのか?

こういうことってさっぱりわからないですよね。

そんな場合に使えるのが新電力一括シミュレーション!

どれぐらい安くなるのか?どこがピッタリかが一発で分かります!

▼早速使ってみよう▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です