北は北海道から南は沖縄まで、国内各地のミサワホームオーナーに、お得な電気とミサワポイント提供 ミサワでんき

2016年4月「電力小売全面自由化」で小規模法人や一般家庭に向けた低圧区分を新電力会社で販売する電力小売りが開始されました。

 

開始されたといっても、もともとあまり電力需要の多くない施設が多い地域や、地方、集落が点在しているエリアの多い県などでは、進出する新電力会社も少なくあります。とくに地方県の比較的都市部と地方町村では差が大きく、報道では「今後、市街地密集エリアには電力料金からのさらなる割引が別途料金オプション的に設定されル傾向が」といった報道なども有り、地方には新電力の恩恵などないのではと感じる方も少なくありません。

ミサワでんき3

そんななか、全国各地の電力供給サービスと、付加価値の高い自社物件オーナーに対して、限定的に付与している「自社ポイントカードのポイント付与」を電力サービスの中心に据えた、個性的な自社製品オーナーに向けたユーザーサービスをミサワホームが始めることになりました。
サービス名称は「ミサワでんき」。

 

あまり情報がオープンになってはいない中(2016年6月末現在)今回は「ミサワでんき」について様々な角度から調査してみました。

「ミサワでんき」の特徴について

ミサワでんき2

「ミサワでんき」は、2016年4月、全国の自社住宅物件オーナーに向けて新電力による電力小売りサービスと、ミサワポイントの付与による、期たるべき住宅リフォームやメンテナンス対策をかねた、大変特色ある新電力システムです。

 

電力料金自体は、各地の地域電力会社の料金体系を引き継いでいるといわれており、他の新電力サービスに比べ、安価になっているわけではありません。
参考記事https://www.denryoku.com/articles/plan/house-builders/

 

北海道、東北、東京、中部、北陸、九州電力エリアの契約アンペア40A以上の従量電灯Bとにくわえて、従量電灯C。関西、中国、四国電力エリアの従量電灯Aで400kWh以上の使用の方、または従量電灯Bが相当する各電力会社のサービスで、それぞれの料金と同額を課し、ミサワポイントで5%を電子マネー還元するといったシステムです。

 

注目すべきは、電気代の約5%相当にも及ぶ、高いポイント還元率です。このミサワポイントは自宅のメンテナンスやリフォーム費用として使用できるほか、ミサワ通信販売サイト「らいさぽWeb」での商品購入費用の電子マネーとして活用することができます。

 

参考記事https://www.misawa.co.jp/corporate/news_release/2015/1225/

 

また、通常5年、10年といった周期でこまごまとした修繕が発生しがちな木造住宅。仮に、戸建家族4人で年200,000円とした場合では、1年あたり10,000円の還元と、かなりの高額となります。

 

他にもミサワホームでは、2013年に販売したプレハブ住居8千戸余りのうち、45%に太陽光発電システムを設置しています。そしてここからの余剰発電買い取りを、他社より単位当たり1円増で行うなど、発電システムとして自社物件オーナーに還元するといった面と、自社物件の販促ツールとして、各種電力サービスを効果的に配しているといった印象も有ります。

参考記事http://bizgate.nikkei.co.jp/smartcity/kanren/201406131345.html

「ミサワでんき」のメリットデメリット

tt、「MISAWAオーナーズクラブ」
もともと物件オーナーに、新築時などに案内される、「MISAWAオーナーズクラブ」の会員制クローズドサービスといったこともあり、2016年4月からの料金設定の全貌が明らかにされていません。

参考記事https://www.misawa.co.jp/jsp/ownersclub/index.jsp

、「MISAWAオーナーズクラブ」2

メリットとしては、電力会社で支払っているのと同じ額なのにもかかわず、各社のポイントカードよりも「はるかに」還元額の高いポイントバックが受けられ、また使用に伴っての電力量分析が、ハウスメーカーとも共有でき、エネルギー効率や節電など様々なアドヴァイスを受けることができます。これらが住宅内のターミナルで確認できるタイプの物件などもあり、とくに詳細なアドヴァイスが蓄積され、住宅改修やメンテナンスの参考としても直接活きる点など、魅力が大きいものでもあります。

 

デメリットとしては、やはり料金の割高感、そして、建物に発電システムを取り付け、その買取をすでに契約しているケースでは、このミサワでんきの対象外となってしまう点があげられます。

 

申込手続きなどは、「MISAWAオーナーズクラブ」もしくは最寄りのミサワホームにお問い合わせをいただくことになります。

 いかがでしたか?

小規模な我が家でも、エコな取組の設計は、古くよりいろいろあったミサワホーム。

 
今回のこのポイント還元機能も、建物での使用状況をより細かく分析蓄積してもらえるといった点などもあり、住宅それぞれのモデルを知り尽くしたハウスメーカーと共有することで、より建物に対する愛着が生まれるといった、「住宅そのものに対する新たな価値の付加」のウエイトが高いシステムです。

 
これから一戸建てを購入しようと考えておられる皆様、また、現在すでにミサワホームのオーナーで、本制度に興味を持たれた方、ぜひ一度、ウェブサイトで調べてみてはいかがでしょうか?

参考 「MISAWAオーナーズクラブ」※https://www.misawa.co.jp/jsp/ownersclub/index.jsp

新電力の一括無料見積をしてみよう

新電力ってどれがいいのか?

どのプランがいいのか?

どうやって選ぶのが正しいのか?

こういうことってさっぱりわからないですよね。

そんな場合に使えるのが新電力一括シミュレーション!

どれぐらい安くなるのか?どこがピッタリかが一発で分かります!

▼早速使ってみよう▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です