新電力で初めて迎える冬の電気代・・・しっかり節約できるオススメ新電力

2016年4月「電力小売りの全面自由化」で電力小売りが始まりました。

 

「お得になったから、冬場の暖房もクリーンな電気で」「これまで冬だけ電気代が高くて」とおっしゃるご家庭など様々です。
そこで今回は、冬の電気代節約のために、おすすめの新電力会社やプラン、料金サービスをご紹介します。

 そもそも冬だけ電気代が高いお宅の特徴は?

新電力で初めて迎える冬の電気代5
冬だけ電気代が高いお宅は、暖房器、温水器、調理などでの負荷が高いお宅。これらの電気代が、気温のひくい冬に、温度を高めるためにより負荷をたかめているのです。
また台所などを温かくして、その分冷蔵庫などの負担が上がっているお宅も有ります。

 

これらのケースでは、電気による熱を使った温度上昇の仕組みなどをたとえば熱線タイプから磁気タイプに、磁気の中でもより変換むだが少ないものに見直すこと、各機材の保温効果などを見直し使用電力量や時間帯を計算しなおすことで、よりお得な使用方法や効率的な割付見直しにつながります。

 

また暖房関連では蓄熱タイプのものを使い、夜間に温度上昇などの使用量が増となるものを集中的に稼働させることで、この時間帯以外に蓄熱などを行いあとは放熱する効果を生かしたものにきりかえることで、日中の静かでクリーンな快適熱源と、かつ割安な料金適用を受けるといったコツも有ります。

 

とくにお風呂や湯暖房など、電気によるわかしなおしをするなら、蓄熱効果の高い温水器や風呂システムを検討する、蓋や風呂場の断熱パーツを見直す、ベースのお風呂沸かしは真夜中や安い電力時間に行うだけでも、一か月では数百円の効果につながることもあります。沸かしなおしの温度差が少ないなら、磁気加熱パーツを利用するタイプで加温や保温といったものなどもあります。

 
お料理もおなじで、安い時間帯につくったらあとは保温器を使用するなど、工夫様々です。

 

電力ピークの夏や冬の間、節電をすると、その分だけ値引きしてくれる、「節電トクトク電灯」の北陸電力

新電力で初めて迎える冬の電気代4

新しくなった北陸電力系では、このピークの期間に節電すると、その分だけ値引きしてもらえるプランが登場しました。これが、ただ電気の使い方を見直しただけ、あるいは熱線系加熱だったものを磁気式加熱に替えるだけでも、現実にはかなりの節電量になります。
これが料金の値引きにつながるので、機材の利用について検討、また交換買い替え時に、ちょっとエコを意識した機材に切り替えるだけでも恩恵につながります。

 
たとえば東北北海道北陸などの、太平洋側に比較してあまり冷房が必要ではない夏場に行った節電で、それ以外の時期にも値引きメリット。しかも旧北陸電力以外の地域のかたも契約利用できます。

 新電力の中でいち早く、魅力的なプラン別割引をリリース!東邦ガスのでんきには、「床暖」OR「エネファーム」割引が

東邦ガスのでんきには、「床暖」OR「エネファーム」割引

中京地区を中心に巨大ガス企業としても全国で知られている東邦瓦斯では、新電力としてはいち早く、特定の設備のあるお宅に向けた割安料金のプランを用意しています。
ファミリープラン等にセットできる「床暖」OR「エネファーム」割引です。

 
「床暖」といってもたとえば発電機能もあるエコウィルや、流行の家庭用の燃料電池の「エネファーム」など、夜間に貯めてお得、日中も人がいるなら発電してお得といった、メリットの高い住宅資材とそれを支える電力プラン&本業のガスで、市民に魅力的な快適生活を提供しています。

 

基本料金から床暖なら5%、エネファームなら10%の割引があり、設備規模にもよりますが、年間千円程度~数千円の節約となるケースも有ります。

自宅に帰った直後の時間帯は、暖房全開!それならその時間に集中させた電気料金の北海道電力「ドリーム8エコ」

北海道電力「ドリーム8エコ」

やはり寒い冬場の料金。個性的な料金体系で、とくに冬に強い電力会社として全国広い地域にサービスを始めた北海道電力は、旧地域電力だけあってプランが豊富です。

 
なかでも雪国の小さなお子さんやお年寄り、会社勤めの世帯の生活に密着して、帰宅した時間の16-18時の電灯料金をがっちり割引した「ピーク抑制型時間帯別電灯(ドリーム8エコ)」などは、化石燃料系暖房は、大人がいる時間帯だけ、それ以外子供やお年寄りのいる時間は、電気で安全な暖房をといった、一般的な豪雪地帯の暮らしをそのまま反映させた、嬉しい料金設定です。

 

この他にも冬場の帰宅時間前後を意識した、多数のお得なプランがあります。

豪雪地域から冬季凍土地域まで、冬のあらゆる料金に強いほくでん(北海道電力)の「融雪用電力」

雪国以外の多くの方が「融雪」といえば思い浮かぶのが、道路や歩道、階段にスプリンクラーのように水を流したり、溝を川が流れるようにすごい分量で水が流れる風景ですが、温度条件がとくに低い北海道では、そういった設備は少なく、ロードヒーティング以外ではご家庭などで巨大なタンクのような手押し車を持ってきて、そこに雪をどんどんいれて溶かすタイプの融雪機+排水を用いるケースが多くあります。

 
地面が毎冬数十日以上も凍り続ける地域も多く、ご家庭のロードヒーティングや保温が、水道管などの破裂や住宅ひび割れ防止対策としても一般的なんですね。
そんな地域性だからこそ設定されているのが「融雪用電力」のホットタイムというプランのシリーズ。通常の宅内電灯部分にプラスして、床暖房や電気式暖房、ロードヒーティングや凍結防止電熱資材それら機材向け外付け電源などに使用できます。

 

とくに北海道では、建築後にこれら機材を後付することで、割高な凍結防止や暖房用電気代で利用していることも多く、こうしたものの見直しによる圧縮部分はかなりの効果があります。

 

基本プランだけで5プランあり、またそれぞれに使用できる月数や、本電力使用の中心とする設備構成により、オプション的に適用される電気料金割引など、多様な魅力的な料金設定がされています。
またこの融雪用電力、ほくでんホームペー(http://www.hepco.co.jp/home/price/unitprice/unitprice02.html)に表示があるように「融雪用電力(暖房用にもご利用いただけます)」
暖房用にも利用できるのです!

 

たとえば、一般的な北海道内の寒冷積雪地の多くでは、10月から6月ごろまで朝晩暖房を使用しつつ、12月から3月まではロードヒーティングを使用します。

 
そんなときにかなりお得な料金となるのが、融雪用電力Lのホットタイム22ロング。

(北海道電力)の「融雪用電力」1

基本料金は、最低使用期間(6カ月)では1カ月につき 1kW 658円80銭、上記以外の期間では1カ月につき 1kW 291円60銭ですが、電力量料金が1kWh 15円40銭となっています。

 
たとえば、ほくでんの従量電灯B 40Aのケースでは基本料金が、1,339円20銭、電力量料金は三段階で(120kWhまで)23円54銭、(120kWhをこえ280kWhまで)29円72銭、(280kWhをこえる分) 33円37銭となっており、比較しても、とくにピークとなる季節の暖房利用分では単価半額以下とかなりの価格メリットです。

 
通常の地域電力系サービスでは、暖房器具や床暖房やヒーティングなど、建築時に組み込む特定の機材や、特定条件を満たした機材を新築時に適用しなければ、これら料金サービスが受けられないところも多いのですが、手持ち含めて多様な機材で適用されるのは嬉しいポイントです。

 

最近増えてきた、屋根雪落下防止などの設備でももちろん使えます。増改築時に電力プランまで見直した対応を行ってきていないのなら、こちらも含めてしっかりと検討してみてはいかがでしょうか。

 

参考 ロードヒーティングに関する詳しい情報はこちらも読んでみてください。

ロードヒーティングの融雪用電力プランが気になる!新電力でおすすめは?

 いかがでしたか?

まだ初年度ということもあり、新電力でもインフラやユーティリティー系の大手中心のリリースにとどまる各種パック料金等。

 
初回の新電力の請求業務が一段落した夏以降に、本当にお得なプランの各種リリースを計画されている企業や、キャッシュバックやプレゼントなどでのメリットを展開する予定の企業も多いようです。

 

とくに冬場の年末年始などは、自宅にいる時間も増えて、連続10日も家にいれば、電気料金もばかになりません。

 
手数料なども勘案しながら、またこうしたイベント時期のプランのこまめな乗換も視野に入れながら、流行に乗り遅れずに、しっかりとお得に過ごしてみたいですね。

新電力の一括無料見積をしてみよう

新電力ってどれがいいのか?

どのプランがいいのか?

どうやって選ぶのが正しいのか?

こういうことってさっぱりわからないですよね。

そんな場合に使えるのが新電力一括シミュレーション!

どれぐらい安くなるのか?どこがピッタリかが一発で分かります!

▼早速使ってみよう▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です