結局の話!!電力会社どこがいい?どこが安い?最安値を教えろよ!

オカン
ハカセ!聞いてんのハカセ!!

ハカセ
どうしたんじゃ、そんな怖い顔して・・・おお、老人をいじめるとは世も末じゃのう・・・

オカン
じゃなくて!電力自由化の新電力、まあたくさん新電力会社があるのは、分かったわよ。でさ、結局の話、どこが一番安いのよ!いつまでもダラダラしゃべって、さっさといえばいいじゃんか!

タカシ
まあまあ、落ち着きなよ

オカン
あんたは黙ってなさい!

タカシ
え~(こうなったら手が付けられないから放っておこう)

ハカセ
分かったよ~一応説明してみるとするかのう・・・

 

 

電力自由化にあたって、「電気代が安くなる!」と期待に胸を膨らませている方も多いのではないでしょうか。

オカンも同様にそう思っていて、もうすっかり電気代が安くなった気分でいます。

 

 

 

もちろん、電力会社を自分で選ぶことができるようになるのですから電気代が安くなる可能性も高いでしょう。しかしながら、それはあくまでも自分にとってよりよい電力会社を見つけることができたらの話なのです。

 

 

 

新しい電力会社が参入してくることによって、選択肢はかなり増えることになります。非常にありがたい一方で、選択肢が増えることによってどれを選べばいいのかわからなくなってしまうという部分もあります。そこで、ここでは電力会社はどこがいいのか、どこが安いのかということについてお話していきたいと思います。選べる時代になったからこそ、少しでも自分にとってよいものを選択していきたいものです。

 

 

 

で、オカンの「結局の話!どこが一番安いのか?」

 

 

ふと、そう思った人も多いのではないでしょうか?

 

オカン
みなさんも、きっとそう思われていますよね~、さあさあ、タカシ、みなさんにもお茶をお出しになって!(ギロッ)
タカシ
(ギク!)は、はい・・・(外面だけは良いんだよな~)

 

意外にも単純な問題ではない

ソフトバンクでんき5

まず、電力会社はどこがいいのか、どこが安いのかを考える上で理解しておきたいのが単価が安いところを選べばいいというわけではないということです。というのも、安いところを選べばいいという単純な問題ではないのです。

 

 

 

それぞれで電力の使用量も違ってくるでしょうし、ある一定の条件を満たすとお得になるというパターンもあるのです。単価だけで見て安いところを選んでも、別のプランを見たら他社のほうがお得だったということもあるでしょう。そのため、単価に注目するだけではなく、自分の電力使用量やその他の環境なども十分に把握しておきたいものです。電力会社のプランなども細かく見ていきたいところです。

 

 

ハカセ
つまりこういうことじゃ、各新電力会社の電気代だけに注目するのではなく、今使ってる使用量、今使ってるガスや、携帯の会社で新電力を始めるとことろはないか?と言った部分で選んでいくことが重要じゃ。

 

 

今までの電力会社で比較してみると・・・

電力4
これまでは九州の方は九州電力、北海道の方は北海道電力とそれぞれのエリアに対応した電力会社を利用していました。

 

 

 

既存の大手の電力会社においても、電気料金というのは異なってきます。新電力ではなく、引き続き既存の大手電力会社を利用するという方も多いでしょうから、ここでは今までの電力会社における電気料金の比較をしてみましょう。

 

 

既存の電力会社の安いものランキング
結論から言ってしまうと、北陸電力、九州電力、沖縄電力、四国電力、中国電力、関西電力、東北電力、中部電力、東京電力、北海道電力の順番で安い傾向にあります。

 

 

 

つまり、今の時点では一番安いのは北陸電力、もっとも高いのは北海道電力ということになります。北陸電力と北海道電力では、なんと2割近くも違いが出てくるのです。かなりの差があるといえるでしょう。もちろん、単価はその時々で変わってくるでしょうが基本的にこの順番は変わらないでしょう。

 

タカシ
え~そんなに違うの!北海道電力の人最悪じゃん、関西電力はちょうど真ん中ってことか。
オカン
北陸電力が一番安いってわけね!じゃあ、あたし北陸電力に決定!

タカシ
新電力むしかーい!auでんきとか、ソフトバンクでんきとか、他の新電力も見ないと。

オカン
あ、、、、そっか。もうタカシったら、人さまの前で恥ずかしいじゃない!

タカシ
人のせいにするな!

 

新電力で大きなシェアを獲得しているエネット

enetod

さて、先では既存の大手の電力会社についてお話しましたが今度は新電力に注目してみましょう。新電力の中でもかなり話題になっているのがエネットです。

 

 

 

新電力におけるランキングでは、常に上位に食い込んでいるとエネットですが、すでにかなりのシェアを獲得しています。かなりのシェアを獲得しているのは、比較的早い段階で電力市場に参入したことも関係しているのでしょうが、かなり人気がある電力会社になります。

 

 

 

なんとNTTファシリティーズ、東京ガス、大阪ガスという大手がタッグを組んだ新電力になります。有名どころが絡んでいるということで、利用する上で安心できるという部分も大きいのではないでしょうか。日本全国が電力供給の対象にもなっており、まさに誰でも利用できるというのも大きなメリットです。

 

 

 

 

個別に見積もりをして、それぞれで異なる料金を出しています。新電力の中でもかなりのシェアを獲得していますので、それだけ利用者が多いということになります。利用者が多くなれば、さらに料金の面でも期待できるようになるのではないでしょうか。今後にも期待ができる新電力のひとつです。

 

CMでもよく見かける注目のソフトバンクでんき

ソフトバンクでんき3
携帯電話やスマートフォンで有名なソフトバンクも新電力として、参入しています。東京電力、中部電力、関西電力の3つのエリアを対象としておりますので、対象外のエリアの方に関しては利用することができない状態です。

 

 

 

しかしながら、確実にシェアを伸ばしている新電力ですので、全国を対象とする日も近いのではないでしょうか。電気やスマホ、ネットをまとめた「おうち割」というプランがあり、これに加入することによって電気代を抑えることは可能です。ただ、そこまで大幅な値下げは見込めないといった意見も多いです。

 

 

※ソフトバンクでんきのより詳しい内容を知りたい方はこちら

ソフトバンクユーザー必見!ソフトバンク電気のメリット、デメリット

対決!東京ガスとソフトバンクでんきどっちがお得か比較してみた!

 

 

他にもさまざまなプランがありますので、一般のご家庭の方にとっては非常に利用しやすい新電力なのではないでしょうか。シェアが急激に伸びていることでも知られていますので、今後の展開も気になるところです。期待ができる新電力のひとつです。すでにソフトバンクのスマホなどを利用しているという方であれば、是非検討しておきたい選択肢です。

 

 

もちろんauでんきも見逃せません。auでんきをよりよく知りたい方はこちらです。

auでんきってホントにお得?メリットとデメリットに迫る!

東京ガスの電気料金とauでんき、どっちがお得!?比較して分かる事実

 

 

電力会社はどこがいいのか、どこが安いのかということについてお話しましたがどうでしたでしょうか。自分に合ったものを選ぶというのが、一番の近道になることでしょう。

 

オカン
えー結局、一番安いのどこかわかんないじゃない。

ハカセ
ズバリ言ってしまうとそうなのじゃ。だからこそちゃんと今日教えたことを元に比較検討していくことが大事になってくるのじゃ。

オカン
だって、そんなの面倒だし・・・

タカシ
確かに面倒な部分はあるけど、将来的にはメリットが大きいから一度真剣に考えたほうが良いかもね。

ハカセ
たしかに、難しいし、今まで考えたことがなかった分、面倒くさいことだと思うが、とりあえず、今の電力会社、注目すべきエネットや、auでんき、ソフトバンクでんきあたりはすぐに確認しておくべきだといえるだろう。そして、無料で新電力会社を比較して見積りをとってくれるサービスもあるのでそういったものを利用することじゃ。住んでる地域などから安い電力会社を教えてくれるぞ!

 

>>無料の新電力の見積もりサービスはこちら

 

オカン
そんなのあるの?だったら先に言いなさいよ!これがあればハカセなんて要らないじゃない!

タカシ
え~そんな言っちゃうの?

ハカセ
えーん、えーん、えーん

タカシ
泣くなよ!てか泣きかた!!

新電力の一括無料見積をしてみよう

新電力ってどれがいいのか?

どのプランがいいのか?

どうやって選ぶのが正しいのか?

こういうことってさっぱりわからないですよね。

そんな場合に使えるのが新電力一括シミュレーション!

どれぐらい安くなるのか?どこがピッタリかが一発で分かります!

▼早速使ってみよう▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です