電力自由化で脱(反)原発も可能に?

オカン
電力自由化で脱原発が進むって友達から聞いたんだけど、どうなんだろ?そんなこと実際にあり得るのかな?

タカシ
僕も脱原発と電力自由化の関係をネットとかで見かけたことがあるし、気になるよね。特に最近は環境への関心が高まってきているから注目したいよね。

オカン
私は料金が安くなればいいと思ってたけど、環境に優しいことに越したことはないからね~

ハカセ
そうじゃな、電力自由化と原発は切っても切れない関係じゃ、それに東日本大震災以降、反原発の動きも高まってきておるし、新電力を使うなら、原子力に頼らない発電にしたいといった意見もよく聞かれるな。

 

 

電力自由化というと、一般家庭での電気代が安くなるといったことばかりが取り上げられていますが、もっと大きな視点で見ていく脱(反)原発にも関係してくることなのです。

 

 

やはり目先の利益というわけではないですが、たちまち自分たちの生活の負担が軽くなると思うと電気代にばかり注目してしまうという方も多いのでしょう。しかしながら、日本は地震大国です。

 

 

 

東北のほうでの大地震では、大地震からの津波で原発の影響を受け、住む場所を追われたという方も非常に多くいます。そういった経験から脱(反)原発を叫ぶ方も非常に多くなりました。では、なぜ電力自由化と脱(反)原発が関係してくるのでしょうか。ここでは、電力自由化と脱(反)原発についてお話していきたいと思います。

電力自由化で参入してくる新電力の発電方法

gensiryoku

オカン
原子力以外ってどんな発電方法があるの?

ハカセ
そうじゃな。まずはその発電方法から見ていこうと思う。これなしに電力自由化と脱原発は語れないからのう・・・

 

電力自由化では、これまでのエリアに対応した既存の大手電力会社以外からも電力会社を選べるようになります。そこで参入してくるものが新電力です。この新電力の発電方法というものが、脱(反)原発に大きく関係してくるのです。

 

 

 

というのも、新電力では火力発電や水力発電、バイオマス発電、風力発電、太陽光発電、地熱発電といった発電方法が採用されているのです。原子力発電以外の発電方法といってもいいでしょう。新電力においては原子力発電以外で安全性の高い発電方法を採用しているのです。

 

 

 

では、なぜ原子力発電以外で安全性の高い発電方法を採用している新電力が多いのでしょうか。それは、やはり新電力が原子力発電の危険性というものを十分に理解しているからです。また、「脱(反)原発」への市民の声を反映させてシェアを狙っているという部分もあるのでしょう。

 

 

 

しかしながら、新電力というのは全体的に見ても環境に優しい安全な発電方法を選択し、またそれによって電力を供給しようとしています。新電力ならではの意思表示という部分もあるかもしれません。新電力の中にはホームページで原子力発電の危険性に触れているもの、脱(反)原発への意気込みを述べているものもあります。やはり、地震大国である日本だからこそ地震や津波による原発事故の危険性を危惧している新電力は多いのです。

 

 

 

発電方法による新電力の選び方はこちらを参考にしてください。

新電力を発電方法で選ぶのはアリ!電力自由化における発電方法まとめ

環境に優しい再生可能エネルギー!バイオマス発電のメリットとデメリットとは?

 

 

 

こういった新電力が多いからこそ、電力自由化のタイミングで脱(反)原発ができるのではないかと考えている方が多くなっているのです。特に、実際に原発事故の影響を受けている方であれば、今すぐにでも脱(反)原発に向かって動いてほしいというのが本音でしょう。

 

オカン
やっぱり原発怖いよね!今でも除染作業をやってるし!

タカシ
あれ?オカン発電方法には興味なかったんじゃなかったけ?

オカン
いや~私も子供を持つ年齢になって初めて子供のための住みやすい世界を作りたいな~と思ってさ。

タカシ
子供を持つ年齢って・・・僕すでに高校生なんですけど~~

ハカセ
発電方法で選ぶのは得策じゃし、活発な企業競争を生むことになるので、様々なメリット=安くなったり、サービスが増えたりすることが増える可能性も高まるといえるな。

簡単に脱(反)原発できるわけではない

datu

 

新電力では火力発電や水力発電、バイオマス発電、風力発電、太陽光発電、地熱発電といった発電方法が採用されているという話をしたのですが、これらの発電方法というのは安定した供給が難しいという部分もあります。特に、自然の力を借りている発電方法の不安定さというのはよくおわかりになるでしょう。

 

 

電力自由化を、電気料金の安さではなく、発電方法で選ぶ方も増えてきており、特に環境に対する意識が高い方はそうした選択をしていますし、今後はどんどん増えてくることが予想されます。

 

 

 

 

そのため、新電力が参入してくるからといってすぐに脱(反)原発ができるわけではないのです。不安定だからこそ、依然として原発に依存しなければならないというのもまた事実なのです。

 

 

 

 

実際に、新電力で火力発電や水力発電、バイオマス発電、風力発電、太陽光発電、地熱発電といった発電方法での自社発電をおこなっているところも多いのですが、やはりそれだけでは安定した供給が難しいということで余剰分の電力を買い取るといったこともおこなっているのです。そういった点でいえば原子力発電よりも安定面では劣ることになります。

 

 

 

 

さらに、新電力に乗り換えをしたところで送電の際には既存の設備を使うことになります。新電力は既存の設備を使うために既存の電力会社へと手数料を支払うことになるのですが、この手数料が原子力発電に使われることになります。つまり、新電力に乗り換え、新電力へ電気代を払うようになってもその中の一部は既存の電力会社に手数料として支払われることになります。

 

 

 

その手数料が原子力発電のために使われるのですから、極端な話をすれば乗り換えをしたとしても間接的に原子力発電のためにお金を払っているという状態に変わりはないのです。自分の気づかないところでお金が動いているというのは電力に限らず、どのような業界でもいえることではありますが、脱(反)原発を主張している方にとってはまさに苦虫を噛むような思いをすることになるでしょう。

 

オカン
え~それじゃあ、完全な脱原発ってできないんじゃないの?

タカシ
そうなのか~。でもこれは、そういうシステムだからもう仕方がないとしか言いようがないよね~

ハカセ
そうじゃな、ただこれは今の段階での話で今後はもちろんどうなっていくのかはわからん。じゃが確実に原子力発電には影響を及ぼすことになるじゃろう。次は反原発の期待が持てるということについて説明していこう

 

ただ、脱(反)原発への期待は持てる

kitai

新電力が参入したからといってすぐに脱(反)原発ができるわけではありませんし、やはり現実的に考えても難しいものです。

 

 

 

しかしながら、電力自由化にあたって新電力が参入し、不安定だった供給面安定をさせるような方法を見つけることができれば、脱(反)原発というのも現実味を帯びてくることが考えられます。新電力の競争というのは激化していますので、今後脱(反)原発において非常に良い方向へ動いていくという可能性もあります。十分期待は持てると考えていいでしょう。

 

 

 

そうした点を考えると、脱原発を望んでいるのであれば、原子力発電以外の発電方法をとる新電力を選ぶことは、メリットと言えます。

 

オカン
良く分かったわ~!環境に優しい地球づくり、次世代のための美しい場所を残すことって大切だよね。タカシ、やっぱりお母さんになるってこういうこなのよ。

タカシ
お母さんって・・・俺もう17だってば!!いつの話してんだよ。

ハカセ
まだまだ原発に頼らずくを得ない部分があり、新電力や、新エネルギーの安定性も低いが、今後技術が上がってこれば、どんどん脱原発の動きは活発になることが予想されるぞ!

新電力の一括無料見積をしてみよう

新電力ってどれがいいのか?

どのプランがいいのか?

どうやって選ぶのが正しいのか?

こういうことってさっぱりわからないですよね。

そんな場合に使えるのが新電力一括シミュレーション!

どれぐらい安くなるのか?どこがピッタリかが一発で分かります!

▼早速使ってみよう▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です