倒産もあり得る!?電力自由化で東京電力への影響は?

オカン
東京電電力って今はものすごいシェアがあるけど、これから先は新電力にどんどんお客さんが出て行っちゃうわけだから、倒産とかしないのかな~?

タカシ
そうだね。結構な人がお客さん離れちゃうのは防げないよね。もし倒産しちゃったらどうなるんだろ?

ハカセ
これは東電に限ったことでない話だが、既存の電力会社の影響は気になる部分があるじゃろうな。早速説明していこう。

 

 

これまではそれぞれのエリアに対応している既存の大手電力会社を利用していくのが当たり前でしたが、電力自由化にあたって電力会社を自分で好きなように選ぶことができるようになりました。

 

 

 

もちろん、住んでいるエリアに対応している電力会社の中から選んでいくことになるのですが、東京を含めた関東エリアというのはまさに激戦区となっています。関東エリアにしか対応していないという新電力会社も多く、新電力会社がひしめきあっている状態です。

 

 

 

そういった中で気になってくるのがこれまでお世話になっていた東京電力への影響です。ここでは、電力自由化における東京電力への影響を倒産の可能性も含めてお話していきましょう。

 

電力自由化における東京電力への影響

epa02992032 (FILE) A file picture dated 28 June 2011 of journalists seen behind the logo of Tokyo Electric Power Co. (TEPCO) at the company headquarters in Tokyo, Japan. Tokyo Electric Power Co. said on 04 November 2011 it recorded a net loss of USD 8 billion for the April-September period as it faces soaring nuclear-accident costs. The Fukushima Daiichi nuclear power plant operator has also to cope with an increase in fuel costs as it relies more on thermal power. EPA/FRANCK ROBICHON

オカン
つぶれちゃったら東京の人の電気なくなるね~、よかった神戸に住んでて!

タカシ
いやいや、それは関西電力も一緒だから!

オカン
マジか!・・・終わった・・・

タカシ
終わらないから笑

ハカセ
独占的な電力販売ができなくなることで影響はあるが、終わりは線から安心せい!

 

 

 

電力自由化における東京電力への影響ということですが、確実に影響はありますし、その影響というのは東京電力にとっては決してよいものではないでしょう。というのも、東京電力というのは関東エリアの電力をこれまで担当してきました。というよりも、関東エリアの電力を独占していたのです。関東エリアで生活している方というのは、東京電力という選択肢しかないからこそ東京電力を選んでいたのです。

 

 
そこに新電力という選択肢が増えてくるのですから、当然乗り換えというものも起こってくるでしょう。しかも、関東エリアというのは新電力における激戦区です。すでに非常に数多くの新電力が一般家庭向けのプランを提示しています。

 

 

 

電力自由化にあたって、電気代が安くなるという部分に期待している方は非常に多い傾向にあります。だからこそ、新電力のほうも「電気代が安くなる」「低料金」といったところを強く打ち出して、顧客を勝ち取ろうとしています。

 

 

 
しかも、これまでの電気代の基準となっていたのは東京電力になります。つまり、これまでの東京電力の電気代というものを目安に、そこからそれだけ値下げすることができるのかということを新電力のほうは考えるわけです。東京電力が基準になってしまうため、どうしてもその部分では東京電力のほうが不利になってしまいます。

 

 

 

そして、脱原発を考えている人の東電離れも考えられるので長期的に見れば大幅な顧客流出する可能性がありますので、既存の電力会社の中でも電力自由化によってもっとも影響を受ける会社であることは間違いなさそうです。

 

 

 
しかしながら、新電力のほうも利益を確保するための料金設定というものが必要になってきます。そのため、東京電力がこれだけの料金だからすべてにおいてこれを下回る料金を設定すればいいという単純な問題ではありません。実際に、電力の使用量によって東京電力のほうが安いということもありますし、逆に新電力のほうが安いということもあります。

 

 

 

まさにケースバイケースなのですが、やはり新電力のほうが安いというご家庭であれば乗り換えも検討するようになるでしょう。これまで関東エリアのシェアを独占していた東京電力になりますので、やはり確実に新電力にシェアを奪われる部分というのは出てくることになります。

 

東京電力の倒産の可能性は?

tousan

オカン
へーそうなんだ!じゃあ倒産か!

タカシ
怖いよね~日本どうなるんだろう・・・

オカン
マジか!・・・終わった・・・

タカシ
いやいや、終わらないから

ハカセ
東電の顧客が減ることが予想はされるもののすぐに倒産するわけじゃないのじゃ!

 

 

 

東京電力の倒産の可能性について考える方も多いでしょうが、可能性としてはあります。ただ、その可能性というのは低いでしょう。

 

 

 
というのも、東京電力におけるもっとも大きな強みというのは「これまで電力を安定して供給してきた」という実績です。もちろん、震災の関係で不信感を持っている方もいるかもしれませんが、電力の供給という面ではその恩恵を受けてきた方が圧倒的に多いわけです。長く使っていたものから新しいものに乗り換えるということに抵抗感を持つ方もいるでしょうから、多少のシェアは逃すことになるでしょうが、一気に新電力へ流れるという事態は考えにくいのです。

 

 

 
そのため、新電力の参入によってシェアを奪われた東京電力が倒産というのは可能性としては低いのです。そもそも、東京電力というのはいろんな意味で国にとってもなくてはならない存在となっています。東京電力が傾くようなことがあれば、国が何かしらの援助をする可能性が非常に高いです。

 

 

 

逆に、新規参入してきた、中小規模の新電力会社の場合は政府の援助は受ける可能性は非常に低くそのまま倒産という形になります。

 

 

 

アメリカでは、実際に大きなシェアを誇っている新電力会社が倒産にして、大規模停電を起こしたケースが昔あったのですが、今の日本ではそのようなケースに陥ることなく、電力自体は今まで通り供給される仕組みになっています。

 

 

 
長く活躍してきた東京電力の心配をするよりは、やはり新電力のほうの倒産をしたほうがいいでしょう。電力に関するノウハウなどはやはり東京電力に敵わない部分がありますので、新電力として乗り換えたもののすぐに倒産してしまうという可能性も十分にあるのです。

 

 

関東圏・東京で新電力を選びたい方はこちらを参考にしてください。

既存電力か新電力か!東京電力と東京ガスを比較!どっちがいい?

東京エリアの電気代をできるだけ安く!電力会社の比較で最安値を探せ!

東京ガスの電気料金とauでんき、どっちがお得!?比較して分かる事実

対決!東京ガスとソフトバンクでんきどっちがお得か比較してみた!

万が一倒産したら・・・

電力自由化で東京電力への影響は?倒産は?3

オカン
でも父さんする可能性は少なからずあるわけだよね。他の既存の電力会社でも言えることだけどね。

タカシ
たしかに!今使ってる電力会社が倒産したらどうなってしまうの?電気使えなくなっちゃうじゃん!

ハカセ
よし、それならもしも倒産した場合を仮定して説明していこう。

 

 
では、万が一東京電力が倒産したらどうなるのでしょうか。東京電力が所有している発電所をそのままにするわけにはいきませんので、すぐに東京電力に変わる別の企業がその発電所を使ってまた電力を供給することになるでしょう。

 

 

 
東京電力は倒産しても、別の名前での電力会社がまた新たに誕生するだけの話です。基本的に倒産というのはどのような企業でも抱えているひとつのリスクです。可能性の低い話になりますので、倒産という不安要素だけで乗り換えるというのは得策ではありません。基本的に倒産というのは、東京電力に限らずすべての電力会社の抱えている共通のリスクであるということを忘れないようにしていきたいものです。

 

 

オカン
ありがとう、ハカセ、そっか、東電は大きい会社だけど、会社である限り倒産する可能性は0ではないもんね。

タカシ
今までは当たり前のように使っていた電力会社が変わるってなんかすごいね。

ハカセ
既存の電力会社の倒産もさることながら、新電力に乗り換えて、そこが倒産してしまう可能性も十分に考えられることなんじゃ、それはまあ、運が悪いかどうかで決まるな

新電力の一括無料見積をしてみよう

新電力ってどれがいいのか?

どのプランがいいのか?

どうやって選ぶのが正しいのか?

こういうことってさっぱりわからないですよね。

そんな場合に使えるのが新電力一括シミュレーション!

どれぐらい安くなるのか?どこがピッタリかが一発で分かります!

▼早速使ってみよう▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です