環境に優しい再生可能エネルギー!バイオマス発電のメリットとデメリットとは?

オカン
電気代が安くなるのはうれしいけど、他に決め手ってなんかないものかな~?

タカシ
いろいろとあるんじゃない?最近だったら環境に優しいバイオマス発電もあるし、発電方法による決め方もあるよね?

オカン
バ?バイオマス?何英語でカッコつけてんのよ、初めて聞いた!

タカシ
カッコつけてないし、バイオマスが結構有名だからね~、ていうかなんであんなにテレビばっかみてんのに聞いたことないんだよ~

オカン
も~そうなの?恥ずかしい思いさせないでよ!ハカセ!さっさと説明しなさいよ!

ハカセ
分かった分かった!今回は電気の発電方法で最近はやりだしているバイオマス発電について説明していくぞ!

 

 

発電方法にもいろいろなものがありますが、その中でも度々注目されるのがバイオマス発電です。名前は聞いたことがあるものの、具体的にどのような発電方法かは分かっていないという方も多いのではないでしょうか。ここでは、バイオマス発電とそのメリットとデメリットについてお話していきましょう。

 

そもそもバイオマス発電とは・・・

バイオマス発電のメリットとデメリットとは?1

最近では、再生可能エネルギーというものが注目されているのですがバイオマス発電というのはまさにこれに当てはまります。

 

 

 

バイオマス発電というのはざっくりと言ってしまえば、主に植物の生体活動から生まれるエネルギーを使って発電する方法になります。バイオマス発電においては、バイオ燃料というものを使うのですがこのバイオ燃料についても理解しておきたいものです。

 

 

 

 

バイオ燃料というのは、生き物が生体活動をする中で生まれるエネルギーのことを指します。家畜の糞や薪、木炭などもバイオ燃料になります。こういったバイオ燃料を使って発電をしていく方法がバイオマス発電になるのです。現在では、木材や建築廃材、工場などで食品を加工する際に出る廃棄物、一般のご家庭での生ゴミ、農作物のもみ殻や家畜の糞尿などといったものがバイオ燃燃料として使われています。

 

バイオマス発電のメリットについて

haruma
オカン
再生可能ってなんだか環境によさそうだね。
タカシ
たしかに、地球温暖化のことも言われているし、どうせなら環境に良い発電方法を使ったほうが良いね!
ハカセ
そうじゃな、実際に発電方法で新電力を選ぶ家庭や企業もどんどん増えてきているのじゃ。

 

 

 

バイオマス発電やそれ以外の発電方法に関する記事はコチラ

新電力を発電方法で選ぶのはアリ!電力自由化における発電方法まとめ

 

 

 

さて、バイオマス発電のメリットについてお話していきましょう。バイオマス発電のメリットとして第一に挙げられるのは、資源の有効活用ができるという部分です。

 

 

 

 

バイオマス発電で使われるのは、木材や建築廃材、工場などで食品を加工する際に出る廃棄物、一般のご家庭での生ゴミ、農作物のもみ殻や家畜の糞尿などになるというお話は先でしましたが、こういったものというのは本来であればゴミとして処理されるものです。

 

 

 

 

ゴミを処理するのには、労力もコストもかかります。それをゴミとして処分するのではなく、燃料とすることによって資源をうまく循環させることができるのです。本来であれば廃棄されてしまうものから、電力が生まれるというのは非常に画期的ですし、ゴミを出さすに済むというのも環境にとって大きなメリットになります。

 

 

 
また、環境にとっての大きなメリットということですが単純に環境に優しいというのもバイオマス発電のメリットになってきます。というのも、バイオ燃料というのは燃やされる際に二酸化炭素を排出することになります。地球温暖化などを考えると、二酸化炭素の排出というのは好ましくありません。しかしながら、バイオ燃料が燃やされるときに排出する二酸化炭素というのは植物が光合成をおこなう際に取り込んだ分だけになります。

 

 

 

 

つまり、植物が光合成で取り込んだもともと空気中にあった二酸化炭素が排出されるだけですのでトータルで見たときに二酸化炭素の量というのは変わらないのです。もともとあった二酸化炭素が空気中に戻っていくだけですので、プラスマイナスゼロになります。

バイオマス発電のデメリットについて

バイオマス発電のメリットとデメリットとは?2
オカン
でもさ、エネルギー発電ってことは何かしら悪い影響もあるんじゃないの?って感じがするんだけどね~

タカシ
おー鋭い指摘!さすがオカン!

オカン
まあね~私は愛すべき地球を子供のために残したいだけなんだ~ほんとそれだけ~

タカシ
おい、なんで急にカッコつけだした??

ハカセ
まあ、意識を持ってもらうことはいいことじゃ。バイオマスもメリットだえではなくデメリットももちろんある。次はバイオマスのデメリットについても見ていくとしよう。

 

 
さて、非常に環境に優しいバイオマス発電ですが、デメリットもあります。メリットとして、二酸化炭素の排出量について触れましたが、実はトータルで見ると二酸化炭素の排出量が増えてしまう可能性もあります。

 

 

 

 

というのも、バイオマス発電をするためには、そのための施設を作る必要があります。簡単に言ってしまえば、発電所の建設です。発電するまでの過程でたくさんの二酸化炭素を排出してしまう可能性があるのです。トータルで見たときに、実は二酸化炭素が増えていたという可能性があるため、ここはやはりデメリットになってくることでしょう。

 

 

 
そして、バイオ燃料の確保の不安定さというのもデメリットになってくるでしょう。たまたま出たゴミを燃料としていますので、安定した供給というのは難しくなってきます。バイオ燃料の安定した確保というのは十分に可能ではあるのですが、バイオ燃料のために森林を開拓したり、バイオ燃料のための農業をしたりすると、逆に環境破壊や市場の混乱を招く可能性もあるのです。

 

 

 

 

というのも、バイオ燃料の原料となるものを作るために森林を開拓する人も出てくるでしょうし、それまではあくまでも市販される野菜のための農業をしていた人がバイオ燃料のための農作物を生産するようになることもあるでしょう。特に、農業でバイオ燃料のための農作分を生産するようになると一般的な野菜や果物といったものが不足してしまう可能性も出てきます。野菜や果物の価格が高騰してしまうこともあるでしょう。

 

 

まとめ

mogi

このようにバイオ燃料を確保することによって、さまざまなところに影響が出てしまうのです。こういった不安定な部分というのは、やはりバイオマス発電におけるデメリットとなってくるでしょう。ただ、バイオマス発電の技術がもっと進んでいけばこういった課題もクリアすることができるでしょうから、これからに期待ができる発電方法でもあります。

 

 

 

まだまだ、発電方法や水力と火力がおもで、大量に二酸化酸素を出してしまうので、徐々にバイオマス、風力、太陽光などの自然エネルギーに変更していくことが予想されていますし、電力自由化に伴って反原発の動きもどんどん進んでいるといえます。

 

 

 

反原発・脱原発に関する記事はコチラになります。

電力自由化で脱(反)原発も可能に?

 

 

 

オカン
へー今日の話聞いてあたしなんか考え方変わった感じがする!でもやっぱり電力自由化するには安いところを選ぶのは外せないよね。

タカシ
全然考え方変わってないじゃん。初期設定のままじゃん・・・

オカン
うるさいわね。誰に似たのかしら。まあ今日バイオマスに関して覚えることができたのは良かった!井戸端会議で恥かくところだったわ~

タカシ
そうだね。(自分を守るのはホント上手いなあ・・・)

ハカセ
バイオマスを中心にした発電を行っている新電力会社はまだまだ少ないからこれからはどんどん増えてくるので、バイオマスに注目しているなら、新電力をチェックしておこう。

新電力の一括無料見積をしてみよう

新電力ってどれがいいのか?

どのプランがいいのか?

どうやって選ぶのが正しいのか?

こういうことってさっぱりわからないですよね。

そんな場合に使えるのが新電力一括シミュレーション!

どれぐらい安くなるのか?どこがピッタリかが一発で分かります!

▼早速使ってみよう▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です