注目の東燃ゼネラルの新電力!Myでんきと東京電力を比較!どっちが安い?

タカシ
東京の人がMyでんきに変える場合ってどれぐらい安くなるのかな?いっつもCMでやってるから気になってんだよね~

ハカセ
東燃ゼネラルグループのMyでんきのことじゃな。たしかに注目さてているものじゃな。

タカシ
東京ガスのマイ電気とかぶるんだけど、こっちは「Myでんき」だからね!

ハカセ
もちろんわかっておる!では今回はMyでんきと東京電力について比較していくとしよう。

電力自由化ということで、電力会社を自分で選べる時代がやってきます。新しく電力業界に参入してくるのが新電力と呼ばれるものなのですが、非常に数多くの電力会社が参入してくることになります。

 

その中から自分に合ったものを見つけていくことが求められるのですが、そのためにはやはり既存の電力会社との比較が重要になってきますのでMyでんきのことを考えてみましょう。

Myでんきとは・・・

my電気1

Myでんきとは、東燃ゼネラルグループの電力サービスになります。東燃ゼネラルグループといえば全国的にも知名度の高く、車に乗らない方でも名前くらいは知っていることでしょう。もう20年以上も電力を販売してきた信頼できるグループになります。
Myでんきは、東京電力エリアを対象としていますので、東京電力を利用していた方であれば、Myでんきに乗り換えることができます。対象となっているエリアは、群馬県、栃木県、茨城県、埼玉県、東京都、千葉県、神奈川県、山梨県、静岡県の富士川以東となっています。ただ、今は東京電力エリアを対象としていますが、近いうちに関西電力エリアや中部電力エリア、その他のエリアも検討しているということを発表しています。

 

Myでんきの詳しいメリット・デメリット情報はコチラです

シンプルに電気代が安くなる!My電気のメリットとデメリットはなに?

 

Myでんきを選ぶポイントとしては3つ挙げられています

  1. 01今までよりお得な料金

    01 今までよりお得な料金

    東燃ゼネラルグループの発電設備からの供給、他社の発電設備の余剰分、日本卸電力取引所で取引きされている電気の買取りなど、自社の効率的な発電事業に外部電力の調達を組合わせることで、経済的な料金で電力の供給を実現します。

    ※一部、現在のご契約内容、ご利用状況によって、お申込みいただけない場合があります。

  2. 02今と変わらない安心

    02 今と変わらない安心

    myでんきに切替えることで、送電が不安定になったり、停電しやすくなる心配はありません。お客さまがご使用になる電気は、これまでと同じ送電網を利用して、供給されますので、お使いになる電気の品質・信頼性は従来と同じです。

  3. 03お申込みは簡単

    03 お申込みは簡単

    お手元に「電気ご使用量のお知らせ(検針票)」をご用意いただき、当ホームページか郵送でお申込みいただくだけで、電気契約の切替手続きは全て当社が行います。

    myでんきに切替えるための初期費用や工事費用などは、原則としてかかりません。

     

 

これだけを見てみるとなんだかお得になる感じがしますし、安全性も高いのでいいと感じる人は多いのではないでしょうか?

そして、公式HPでは、電気代のシミュレーションも行うこともできるのでチェックしてみてください。

Myでんきの公式HPはこちらからです。

 

Myでんきと東京電力の料金を比較してみる!

katachi

まずは、基本料金からMyでんきと東京電力を比較してみましょう。東京電力は、

 

10Aが280.8円、15Aが421.2円、20Aが561.6円、30Aが842.4円、40Aが1123.2円、50Aが1404.0円、60Aが1684.8円となっています。一方で、Myでんきは10A、15A、20Aの提供はなく、30Aが817.13円、40Aが1067.04円、50Aが1333.80円、60Aが1583.71円となっています。

 

基本料金において、Myでんきは東京電力よりも低価格を実現させているのです。25円から100円以上も安くなるのですから、基本料金だけでもかなりお得になるといえるでしょう。

東京電力や関東圏の新電力に関する情報はコチラから!

倒産もあり得る!?電力自由化で東京電力への影響は?

既存電力か新電力か!東京電力と東京ガスを比較!どっちがいい?
次に、電力量料金についても比較していきましょう。

 

30Aの場合、120kWhまでであればMyでんきは18.85円、東京電力は19.42円、120kWhから300kWhまでであればMyでんきは25.13円、東京電力は25.91円、300kWh以上であればMyでんきは29.03円、東京電力は29.93円になります。

40Aと50Aの場合、120kWhまでであればMyでんきは18.46円、東京電力は19.43円、120kWhから300kWhまでであればMyでんきは24.61円、東京電力は25.91円、300kWh以上であればMyでんきは28.43円、東京電力は29.93円になります。

 

60Aの場合、120kWhまでであればMyでんきは18.26円、東京電力は19.43円、120kWhから300kWhまでであればMyでんきは24.36円、東京電力は25.91円、300kWh以上であればMyでんきは28.13円、東京電力は29.93円になります。電力量料金においてもMyでんきが圧倒的に安くなっています。どこの料金を取ってみても東京電力よりもMyでんきのほうが安いのです。全体として3パーセントから6パーセントほど安くなっています。

 

タカシ
なるほど!だったら、こっちに変えておいていいわよね。

ハカセ
そうじゃな。電気料金だけの視点でみれば確実にMyでんきのほうがお得というわけじゃ。

タカシ
なるほど!了解っす!

電気代のみでMyでんきの圧勝!

428
新電力にもいろいろなものがあるのですが、その中にはいわゆるセット割と言うものを打ち出しているところが非常に多い傾向にあります。ガスとのセット割やネットとのセット割といったものは非常に目立ちます。
しかしながら、Myでんきにおいてはそういったセット割というものはありません。あくまでも、電気代のみで勝負しているのです。しかも、その電気代が東京電力よりもすべてにおいて安いのです。

タカシ
こういうとこって意外に少ないよね。

ハカセ
そうじゃな、多くの新電力会社は電気代はたいして安くならないのにセットやらポイントやら他の分野で攻めようとしているが、Myでんきはまさにシンプルに電気代を安くしてくれるから人気が高まっているということじゃな!

タカシ
そうか、そのシンプルさは良いよね!

シンプルなのがMyでんきの強み

jko

新電力によくあるセット割ですが、セットにして割引があるのは嬉しいもののそのシステムが難しいという方も多いのではないでしょうか。

 

しかしながら、Myでんきであればセット割といったものもなく、あくまでも電気代だけを見て判断できるシンプルさが強みとなっています。電気代はお得にしたいものの、複雑なものはいや!という方にとっては、これ以上ないわかりやすい料金体系となっています。シンプルにわかりやすく、それでいて電気代を安くできるのはMyでんきならではでしょう。

 
申し込みもシンプルで、切り替え手続きなどは全部東燃ゼネラルグループのほうでしてくれるので安心して任せることができます。郵送でも申込することができますが、今すぐにでも申し込みをしたいという方であればインターネットがいいでしょう。

 

切り替えるために初期費用や工事費用なども基本的には必要ありませんので、そういった部分でも安心です。全体を通してシンプルな上に安いというのがMyでんきなのです。他社との差別化を図ることもできていますし、今後もかなり期待のできる新電力の勢力といえるのではないでしょうか。

 

タカシ
ふむふむ、久しぶりにわかりやすい比較を知ることができてうれしいよ!

ハカセ
そうかいな!そりゃよかった!

タカシ
東電使ってる人は考えてみてもいいかもね。

新電力の一括無料見積をしてみよう

新電力ってどれがいいのか?

どのプランがいいのか?

どうやって選ぶのが正しいのか?

こういうことってさっぱりわからないですよね。

そんな場合に使えるのが新電力一括シミュレーション!

どれぐらい安くなるのか?どこがピッタリかが一発で分かります!

▼早速使ってみよう▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です