電気自動車と電力自由化!PHV車の家庭におすすめの新電力会社は?

オカン
ねえ、タカシ!電力自由化になるからさ~この際に電気自動車に変えてしまおうか考えてるんだけどどうなんだろ?

タカシ
え?そんなの聞いたことなかったけど~

オカン
あんたはホントになんにも知らないんだね~!親の顔が見てみたい・・・

タカシ
うるせい!でも電力自由化に伴って、かなり注目を浴びているような感じるよね。

ハカセ
ほうほう、お前たちの目の付け所もかなり鋭くなってきたようじゃな。確かに電気自動車は電力自由化に伴って注目されてきておる、今まで使っていた人も、これから使おうと思っておる人もじゃ。

オカン
でしょ!!。

ハカセ
今回は電気自動車について見ていこうとするかのう。

 

 

 

 

これまでのガソリン車を電気自動車のPHV(プラグインハイブリッド)に変えると、ガソリン代は節約できます。しかし電気使用量は増えますね。

 

 

 

 

もし電力自由化で電気料金が安い電力会社と契約すれば、電気使用量は増えても料金はこれまでと同じですむかもしれません。
今回は電気自動車PHVを所有している家庭におすすめの新電力会社を紹介していきます。

 

 

 

 

すでに電気自動車を持っている人でも、これから購入していこうと思っている人も、ぜひ参考にしてみてください。

 

PHV車は充電タイプのハイブリッド車

PHV車1
まずはおさらいですが、PHV車(プラグインハイブリッド車)とはなにか。そこだけちょっと確認しておきましょうね!

 

 

 

 
これは外部電源で充電するタイプのハイブリッド車で、ガソリンエンジン+電気モーターで走行距離が延びる自動車です。普通のハイブリッド車はガソリンエンジンと電気モーターの併用で、電気はエンジンで発電してバッテリー内にたくわえます。ちなみに、電気だけで走行する自動車はEV車です。

 

 

 

 
EV車やPHV車のメイン動力源は電気です。とても環境にやさしい乗り物ですが、電気使用量は上がります。だからこそ新電力会社選びが重要になってきます。

 

 

 

 

 

ですので少しでも電気料金が安くなる新電力会社を、エリア別にご紹介しましょう。

 

北海道エリア

hokkaido

北海道エリアでおすすめしたいのは、丸紅新電力です。

 

 

 

 
丸紅新電力は総合商社である丸紅の新電力会社で、電気料金はプランSなら基本料金¥1123.2(40A以下)で、120 kWhを超えた後はどれだけ電気を使っても料金は固定です。1kWhあたり¥25.91より上がりません。これまでの北海道電力の30Aの電気料金は121~280 kWhまでが1kWhあたり¥29.72ですから、120kWh以降の電気料金は1kWhあたり¥3.81も安くなる予定です。

 

 

 

 

※丸紅新電力のより詳しい情報はコチラになります。

エリアによっては激安に!丸紅新電力のメリットとデメリットとは?

 

 
ざっと概算で、3人世帯(40A)ならこれまでより5.8%の割引、年額¥8,844の値引きに、4人世帯では6.2%の割引、年額¥10,869の値引きになります。丸紅新電力はセット割がないので、電気料金プランが安い以外のメリットはありませんが、とても安いので魅力がありますね。

 

※一般的な家庭の使用電力(1人世帯がマイナビ調べ(2014/12)、2人~4人世帯は総務省の家計調査(2013)で公表されている各家庭の平均月間電気料金の数値を引用)

世帯人数→ 1人 2人 3人 4人
月間使用量 170kWh 348kWh 391kWh 437kWh
アンペア数 20A 30A 40A 50A
(月間電気料金) 4199円 9275円 10849円 12508円

 

 

電気自動車を使うことになり、ガソリン代がそのまま電気代に変える、この増えた部分の割引を新電力会社がやってくれると考えると、かなり安くなることが考えられますね。

東京電力エリアでお得な新電力

deisii

関東地区でおすすめしたいのが、東燃ゼネラル石油の「myでんき」です。とくに「まとめて400」というプランがお得で、これは毎月365kWh以上使っていれば、これまでの電気料金よりも安くなる計算です。

 

 

 

 
「まとめて400」プランだと標準的な3人世帯で7.9%の割引、年額¥10,222の値引きになり、4人世帯では9.3%の割引で、年額¥13,964の値引きになります。4人世帯だと月に¥1,080が安くなります。

 

 

 

 

※東燃ゼネラル「Myでんき」の詳しい情報に関してはコチラになります。

シンプルに電気代が安くなる!東燃ゼネラルのMy電気のメリットとデメリット!

注目の東燃ゼネラルの新電力!Myでんきと東京電力を比較!どっちが安い?

 

 

 

 
東燃ゼネラルはエッソ、モービル、ゼネラルのガソリンスタンドを持つ会社です。火力発電の原材料の原油を安定的に入手することが可能で、安定的に電力供給ができます。長期的に見ても安心できる新電力会社なので、電力供給の安定感から言ってPHV車をもっている家庭におすすめです。

 

 

オカン
やっぱり大手がやってるところだよね~さすが。

タカシ
シンプルに電気代が安くなるしいい感じだよね。

オカン
確かにそうね~、電気自動車に変えるとするとガソリン代がそのまま電気代に変わる訳だからね。

ハカセ
その通りじゃな。だから、大幅な割引も可能になるということじゃな。

中部エリア

loop

中部エリアでおすすめなのが、Looop電気という会社です。

 

 

 

 

太陽光発電設備を販売している会社で、一般にはあまり知られていません。しかしこれまでに大規模事業者向けに電力を販売してきた実績があるので、会社の認知度が低くても心配はいらないようです。

 

 

 

 
料金プランは基本使用料¥0、電気使用量に応じて、1kWhあたり¥26です。これまでの中部電力と比べると、月に300kWhを使っている家庭なら安くなる計算です。PHV車を使っている家庭ならこれくらいの電気量はこれまでも使っているでしょう。標準的な3人世帯家庭で4.7%の割引、年額¥5,982の値引きになり、4人家庭で7.1%、年額¥10,439の値引きです。

 

 

 

 
太陽光発電関係の会社ですから、電力もクリーンです。供給する電力の26%は再生可能エネルギーになる予定です。エコが気になる人には、よりおすすめです。

 

 

 

 

電気料金の割引+エコを実現しているので、エコを考えて、電気自動車を選ばれた、あるいは選びたいといった人にはかなり向いているといえますね。

関西エリア

harima

関西エリアのおすすめは、はりま電力です。兵庫県でLPガス事業をおこなっている「ダイワ」という会社が運営する新電力会社で、電力供給エリアは関西電力管内全域の予定です。

 

 

 
電気料金は非常に安く設定されており、標準的な3人世帯で10.8%の割引、年額¥14,293の値引きです。4人世帯で11.9%の割引、¥17,969の値引きです。

 

 

 

 

 
不安要素は会社の規模が小さいことです。しかし電力自由化後では、もし新電力会社が倒産することがあっても電気そのものは関西電力が引き続き供給します。心配はいりません。

 

 

オカン
神戸出身だけど「はりま電気」なんてしらなかったわ~、播磨なんて狭いこと言わずに、もっと頑張って大きくなってほしいね。

タカシ
僕も初めて聞いた!規模が小さいけど大丈夫ってことだし、まあ安くなればいいんじゃない?

ハカセ
名前は播磨となっておるが、関西全域に供給できるので安心ということじゃな。

九州エリア

nanone

九州でおすすめなのは、ナンワエナジーです。

 

 

 

 
こちらもあまり全国的な知名度はありませんが、鹿児島の南和産業という会社の系列です。供給する電力は、南和産業がおこなっている太陽光発電所が発電したものと提携先の発電所から買取ったものです。

 

 

 

 
ナンワエナジーのスタンダードMプランにすると、3人世帯(40A)で6.3%の割引、年額¥7,322の割引です。4人世帯(50A)で7.9%の割引、年額¥10,556の値引きです。たくさん使えば使うほどお得になっていくので、PHV車を持っている家庭には非常におすすめです。

 

 

 

 
他の地域と比べて値引き率が高くないと思うかもしれませんが、九州電力の電気料金は他のエリアに比べて安く設定されています。そのため新電力会社の新しい電気料金でもお得感は薄いかもしれません。

 

まとめ PHV車の家庭はとにかく料金重視で

EV
新電力会社にはさまざまな業種から参入があるので、安い電気料金+セット割りでよりお値打ちになるプランがたくさん出ています。ですがPHV車を使っている家庭は、毎月の電気使用量がとても多いので、とにかく電気料金が安くなる新電力会社を探しましょう。

 

 

 

 
セット割については、電力自由化以降に各社が新しいプランを打ち出してくる可能性もあります。魅力的なプランが出てきたら試算して、契約満了時に別の新電力会社に乗り換える形にするのが一番お得でしょう。

 

 

 

 

通常は、電気代以外のガス代や、その他ポイントなどもついてくるなど「セット割」や「オプション」にも注目しがちですが電気自動車の場合は、電気代だけの割引だけで考えるのが良いといえるでしょう。

 

オカン
将来的なことを考えると、電気代を大きく抑えてくれる電気自動車はかなりいいよね~、こんどお父さんにねだってみよう!

タカシ
いいねいいね!僕も乗ってみたいよ!

ハカセ
わしの時代では考えられんかったのう。電気で自動車が走るとは、馬を従えた時代はもうなくなったのじゃな。

タカシ
ってか、ハカセって何歳なんだよ!

 

新電力の一括無料見積をしてみよう

新電力ってどれがいいのか?

どのプランがいいのか?

どうやって選ぶのが正しいのか?

こういうことってさっぱりわからないですよね。

そんな場合に使えるのが新電力一括シミュレーション!

どれぐらい安くなるのか?どこがピッタリかが一発で分かります!

▼早速使ってみよう▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です