中電から乗り換え!電力自由化で中国地方のおすすめ比較ランキング

koreda

オカン
あたしの友人が電力自由化でどうしようかと思ってるんだけど、中国地方に住んでるんだよね~、この辺の新電力会社ってどんな感じなんだろう。

タカシ
中電ってなんか地味な感じもするよね~、聞きなれないしわかんないや。ってか中国地方がどのへんかもはっきり分かんない・・・

オカン
私も中国地方がよくわかんない!ねえ、ハカセはどう思うの?

ハカセ
なんでお前たちは中国地方が分からんのじゃ!小学校からやり直せい!

オカン
うっさいわね!さっさと説明しなさいよ!

ハカセ
およ、そ、そうじゃな・・・

 

 

 

 

中国地方はこれまで中国電力がカバーしてきました。広島県、山口県、岡山県、鳥取県、島根県と周辺諸島が管轄エリアでしたが、電力自由化後は新電力も参入しています。ご当地新電力会社が登場したので、電力会社が増え、比較も可能になりました。今回はおすすめトップ3のランキングです。

エリア内なら絶対に中海電力!

width="500"

中国地方で最も安い電気料金を打ち出してきたのが、中海電力です。この会社は鳥取県西部をエリアにする中海テレビ放送が運営する新電力会社です。とにかく電気料金が安いのが、中海電力の特徴です。具体的に見てみましょう。

 

 

 
標準的な2人世帯で9.3%の割引、年額¥9,747の値引きです。3人世帯で11.4%の割引で年額¥13,694の値引き、4人世帯になると13.2%の割引と言う驚異的な数字で年額¥17,917の値引きです。4人世帯は月にすると¥1,493の値引きになります。これほど高いディスカウント率は全国の新電力会社でもないほど。中海電力の対象エリアに住んでいるなら、真っ先に比較検討すべき会社です。

 

 
電気料金はどれだけ使っても一律で21.39円/kWhです。中国電力は¥29.04/kWh(300kWh~)ですから、使えば使うほどお得になりますね。

 

 

 
ネックになるのは1人世帯では契約できないこと(電気使用量が少なすぎるため)と、中海テレビが見られる鳥取西部(米子市、日吉津村、境港市、日南町、伯耆町、南部町、大山町)だけの供給だということですね。今後も対象エリアは広がらないと思われますので、この地域に住んでいる人だけがお得になります。

 

 

 
セット割はケーブルテレビやネット、電話などがあり、使っている機器によって割引額が異なります。それでも¥400~800ほどは上記の値引きからさらに値下げになりますから、とにかくめちゃくちゃ安い電気料金です。

 

 

 
ご注意頂きたいのは解約条件があることです。契約期間は3年以上で、途中で解約すると¥15,000の違約金が発生します。とはいえ、これほど安い電気料金はありませんから、解約しないほうがお得です。

 

 

 

 

オカン
ここは初めて聞いたよね!

タカシ
そうだね。聞いたことない電力会社で地域密着型だから知らない人も多いんじゃないかな~

ハカセ
そうじゃな、実は、このエリアに住んでいる人もまだまだ知名度がないのも実情じゃが、これから注目を浴びてくることは間違いないじゃろう。

 

全家庭5%引き!HTBエナジー

swichi
中国地方は新電力会社の参入が少なく、全国展開しているHTBエナジーは貴重な会社です。

 

 

 
HTBエナジーはまだ一般への浸透度がうすい会社名ですが、旅行会社のHISが運営する電力小売り事業者です。HTBエナジーの魅力は、契約アンペア数にかかわらず2015年12月時点での中国電力の料金の5%引きになるということ。一律5%引きですから、電気使用量が少ない1~2人世帯でもちゃんと値引きがあるのがメリットです。

 

 

 
具体的にどれくらい安くなるかと言うと、1人世帯で年額¥2,398の値引き、2人世帯で¥5,446の値引き、3人世帯で¥6,220の値引き、4人世帯で¥7,048の値引きです。とくに他の新電力会社ではほとんど値引きがない1人世帯でも、ちゃんと安くなります。

 

 

 

 

※一人暮らしの電力自由化に関する記事はコチラになります。

一人暮らし世帯はまちエネローソンがお得?メリットとデメリットまとめ

 

 

 
ネックは中途解約時の違約金が高いこと。一般的には違約金は¥2,000~3,000程度の会社が多いのですが、HTBエナジーは¥9000+税です。しかし1年たてばいつでも解約でき、エリア外に引っ越す場合は違約金が発生しないので、1年は継続するつもりで契約しましょう。
なお、HTBエナジーが供給する電気は長崎のハウステンボスから生まれたクリーンエネルギーだそうです。エコに関心がある人には注目ですね。

 

 

 

 

 

※その他の再生可能エネルギーなどのエコ電力に関する記事はコチラになります。

 

メリットなし?オール電化の電力自由化のおすすめプランはあるのか?

環境に優しい再生可能エネルギー!バイオマス発電のメリットとデメリットとは?

新電力を発電方法で選ぶのはアリ!電力自由化における発電方法まとめ

 

 

 

オカン
ここってよく聞くよね!

タカシ
やっぱりHTBエナジーは気になるところだよね~、特に僕なんかは一人暮らしだから一番注目してるんだよね~

ハカセ
タカシはもうここでいいんじゃないのかい?

イーレックス

erekssi
イーレックスは、昭和鉱業・日立製作所・東芝といった大企業が資金を出している新電力会社です。発電設備の開発も手がけ、電力売買も行っているので、新電力会社のなかでも信頼度はかなり高いです。九州地区での電力小売りは2001年からおこなっており、実績のある会社です。

 

 

 

 
具体的な電気料金は、中国電力と比べて1人世帯で0.6%割引の年額¥267の値引き、2人世帯で1.7%の割引、年額¥1,772の値引きです。電気使用量が上がる3人世帯で2.3%の割引、年額¥2,701の値引き、4人世帯で2.7%の割引、年額¥3,694の値引きです。

 

 

 

 
正直、あまり安くなっている感じはしませんが、新電力会社参入の少ない中国地方ではしかたのないことですね。

 

 

 

 
イーレックスのデメリットは違約金です。契約後1年未満に解約する場合は、「当該場所の1.5カ月分基本料金相当額」の違約金が発生します。中国電力に払っている基本使用料×1.5ヶ月分ですね。金額は大きくなく、契約後1年たてば違約金はいらなくなります。ただし解約を申し出てから実際に解約できるまで3か月かかります。解約までの期間が長いのは覚えておきましょう。

 

 

 

 

※イーレックスに関する詳しい情報はコチラをご覧下さい

電源開発から発電、売買電対応!イーレックスのメリットとデメリット

 

まとめ 中海かHTBか

koreda

中国地方もこれまで電気料金が安かったエリアです。もともと原発依存度が低かったため、他のエリアのように料金を大幅値上げせずに来ました。今まで原発で電気代が上がってくることが嫌だった人には良いところだろいえます。東電などはかなり原発と深い関係があるといえます。

 

 

 

※原発と電力自由化に関する記事はコチラになります。

電力自由化で脱(反)原発も可能に?

倒産もあり得る!?電力自由化で東京電力への影響は?

 

 

 

 
中国電力が安いだけに、電力自由化になっても新電力会社がなかなか参入してきません。そんな中で、対象エリアが限定されるとはいえ中海電力の安さがきわだっています。それ以外はHTBエナジーがおすすめ。安いといわれる中国電力の電気料金からさらに5%の割引は、年額にするとかなり大きい節約ですね。

 

 

 

 

オカン
中国地方なんて全然注目してなかったけども、中海電力ってかなり魅力的だよね~、あたしも中国地方に住めば良かった!

タカシ
え~中国地方に住むの!?でもそれぐらい魅力があるところだよね。

ハカセ
HTBはほぼ全国地域で使うことができる新電力だから選んでおいてもいいじゃろう。

新電力の一括無料見積をしてみよう

新電力ってどれがいいのか?

どのプランがいいのか?

どうやって選ぶのが正しいのか?

こういうことってさっぱりわからないですよね。

そんな場合に使えるのが新電力一括シミュレーション!

どれぐらい安くなるのか?どこがピッタリかが一発で分かります!

▼早速使ってみよう▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です