10万以上安く?Looopでんきのメリットとデメリットとは?

オカン
現段階で人気のある新電力会社ってどこになるのかな

~。どれも魅力的な感じがするし、安くなるとか、オプションが良いとかそういうの度外視して、人気の高い新電力を知りたいわ~

タカシ
今の段階で、一番シェアを誇ってるのはエネットだよね。ずーと一位って感じ。

オカン
たしかに、でもエネットのシェアは一番勢いがあったときよりかは下がってきてるし、日によって変わるものだしね~

ハカセ
そうじゃのう。実は、今、応募が殺到してる新電力があるんじゃが、聞いてみたいかい?

オカン
応募が殺到?そんなとこがあんの?っていうかハカセの分際でなにもったいぶってんのよ!なんて名前の新電力!?

ハカセ
Looopでんきという新電力じゃ、ハカセももったいぶらずに説明するから、少し時間をくれい!

 

 

 

 

 

電力自由化がスタートし、それぞれの電力会社がいろいろなプランやサービスを展開しています。ただ、新電力として参入してきた電力会社の中には限られたエリアのみを対象としているところも少なくありません。

 

 

 

 

しかも、それぞれのエリアで電気料金が違うということも珍しくありません。「全国で統一してくれればいいのに!」と思ったことのある方も多いのではないでしょうか。そういった方におすすめなのがLooopでんきです。ここでは、Looopでんきのメリットとデメリットをご紹介していきましょう。

 

そもそもLooopでんきとは・・・

Looopでんきは1
Looopでんきは、株式会社Looopの電気事業になります。株式会社Looopは、太陽光発電の設備などを販売しています。全国的な知名度というと正直なところ、そこまでではありません。ただ、Looopでんき自体は注目を浴びており、一時期は問い合わせが殺到し、電話がつながらなくなるということもありました。

 

 

 

 

供給する電力については、その25パーセント以上が再生可能エネルギーとなっており、非常にエコな新電力として知られています。今の時代、「エコ」というのは非常に付加価値になりますので、これだけでもかなり強みになってくるのではないでしょうか。

 

会社概要

会社名 株式会社Looop(ループ)
Looop Inc
設立日 2011年4月4日
代表者 代表取締役社長 中村創一郎
資本金 499,000,000円(2015年6月末現在)
事業内容
  • 太陽光発電システムの開発・販売・設置・管理
  • 電力の買取、卸売、小売
  • 自社発電所の開発・運営
  • 独立型太陽光発電システムと周辺機器のインターネット販売
  • 風力発電システムの開発・販売・設置・管理
  • 自然エネルギーを使用した商品の企画・開発・販売
  • 損害保険代理店事業(三井住友海上火災保険株式会社)
本社 〒113-0033
東京都文京区本郷4-1-4 ユニゾ本郷四丁目ビル
大阪支店 〒532-0004
大阪府大阪市淀川区西宮原1-5-28 新大阪テラサキ第3ビル
福島支店 〒963-8004
福島県郡山市中町1-22 郡山大同生命ビル7階

 

Looopでんきのメリットについて

loop

Looopでんきのメリットについてですが、まず挙げられるのが基本料金についてです。というのも、Looopでんきでは基本料金0円を大々的に打ち出しています。基本的に、基本料金というのは使っても使わなくても必要になってくる部分です。

 

 

 

 

つまり、毎月確実にお金が飛んでいく部分になりますので、その基本料金が0円というのは大幅な電気代の節約につながるのです。ただ、これには条件があります。今の時点では5月の31日までに申し込みをした方のみが基本料金0円となるのです。申し込み状況等によっては期間を延長する場合があるという記載もありますので、今後期間が延長される可能性も当然あるのでしょう。

 

 

 

 

特に、Looopでんきは申し込みや問い合わせが殺到しているような状態になりますので、可能性としては決して低くはありません。次に、一律料金もメリットとして挙げられるでしょう。基本的に電気代というのは、エリアによって異なります。これまでも既存の電力会社での電気料金の違いというのはさまざまなところで取り上げられてきました。

 

 

 

 

物価などを考えれば当然なのですが、やはり計算するときにエリアによって電気料金が違うというのは面倒なものです。特に、全国各地を飛び回るような生活をしている方にとって、それぞれのエリアで電気料金が違ってくると電気代の計算もままならないものです。電気料金が違うことによって、比較も難しくなります。

 

 

 

 

しかしながら、一律料金であれば誰がどこでどれだけの電気を使ったとしても電気料金の計算というのは非常に簡単になります。エリアによって異なる電気料金に振り回される必要もありません。計算がしやすいために、月や年間を通しての家計というものも把握しやすくなります。ちなみに、Looopでんきで一般のご家庭向けのプランは、おうちプランというものになります。

 

 

 

 

5月31日までの申し込みであれば基本料金は0円になりますので、従量料金を見ていくことになります。対象エリアとなっているのは、東京電力エリア、関西電力エリア、中部電力エリアになりますが、すべて従量料金は1kWhあたり26円になります。東京電力エリアの方であれば30A以上の契約であれば確実に電気料金が安くなりますし、中部電力エリアの方も同じく30A以上というのがひとつのラインになってきます。関西電力エリアの方の場合には、月の使用量が230kWh以上で2人以上で暮らしているご家庭であればほぼ確実に電気料金が安くなります。

 

 

 

 

全員が全員、というわけではないものの、この条件をクリアできる方はかなり多いのではないでしょうか。つまり、多くの方がLooopでんきに乗り換えることによって毎月の電気料金を節約することができるということなのです。

 

シミュレーションしてみよう!

 

公式HPでは電気代がシミュレーションできるようになっています。

 

https://looop-denki.com/low-v/simulator/

 

↑こちらにアクセスするとシミュレーションができます。

 

loop

 

 

 

タカシ
よし!入力完了!

オカン
おお~楽しみ楽しみ!ワクワク!

ハカセ
早く「この内容でシミュレーション」ボタンを押さんか!

タカシ
ポチっとな!

 

loop2

 

タカシ
おおおお

オカン
なに、あんたグズグズしてんのよ!早く「申し込む」ボタン押しなさいよ!

ハカセ
まあ、そう急ぐ出ない、あくまでも概算じゃが、ある程度安くなることが分かったじゃろう。

 

Looopでんきのデメリットについて

Looopでんきは2
Looopでんきのデメリットについてですが、人によっては割高になってしまう可能性があるという部分が挙げられます。

 

 

 

 

特に、東京電力エリアと中部電力エリアで20A以下で契約している方、関西電力エリアで一人暮らしをしている方の場合には今の電気料金から高くなってしまう可能性が高いといわれています。また、対象エリアが今の時点では限られているというのもデメリットになってくるでしょう。

 

 

 

 

今の時点では、東京電力エリア、中部電力エリア、関西電力エリアのみを対象としていますので、それ以外のエリアの方はLooopでんきを選択することができません。そして、対応の遅れもデメリットになってくるかもしれません。というのも、申し込みや問い合わせが殺到しているため、対応に遅れが生じているのです。実際に、公式ホームページにもお詫び文が掲載されていますので、人によっては待ち時間にイライラさせられてしまう可能性があります。

 

タカシ
エコで電気代も安くなるし、そりゃあ応募も殺到するわけだね。

オカン
いや~こんなに安くなるのに、なんで申込みしないのよ!とりあえず先にシミュレーションで安くなったお金はタカシ貯金から同額、私が預かっておくから!

タカシ
何を馬鹿な・・・

ハカセ
シミュレーションではもちろん、魅力的に思うような数値がでるが、やっぱり申し込む前にはいろんなところを比較をすることが重要じゃ、焦らず、じっくり選んでも損することはない!

オカン
でも早く申し込むと、特典があったじゃない!

ハカセ
およ、そーじゃった・・・まあ、そういこともある!

新電力の一括無料見積をしてみよう

新電力ってどれがいいのか?

どのプランがいいのか?

どうやって選ぶのが正しいのか?

こういうことってさっぱりわからないですよね。

そんな場合に使えるのが新電力一括シミュレーション!

どれぐらい安くなるのか?どこがピッタリかが一発で分かります!

▼早速使ってみよう▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です