企業におすすめ!ダイヤモンドパワーのメリットとデメリットは?

オカン
ねえねえ、かっこいい新電力会社を見つけたんだけど!私ここにしようかな~

タカシ
なに、かっこいい新電力会社って!またそんな適当なこと言って~

オカン
なによ~!そんなわけないんだから!だって、新電力会社の名前が「ダイヤモンドパワー」なんだって!

タカシ
そんなことだと思ったよ・・・

ハカセ
ダイヤモンドパワーを知っておるとはすごいの!実はそこまで知名度がある訳でもないと思ったのじゃが、ぜひぜひ説明させておくれ!

タカシ
なんで、そんなにハカセが意欲的に説明したいのかわからんけど、まあ頼むよ!

オカン
私のためにもお願い!!ダイヤモンドパワーが私にも宿ってくるみたいだわ!

タカシ
意味わかんね!

 

 

 

 

新電力にもいろいろなものがありますが、最近では一般のご家庭向けのものばかりが目立つようになりました。しかしながら、電力を利用するのは一般のご家庭だけではありません。事務所を持っている方、もっと規模の大きな企業として電力を利用する方もいることでしょう。そうなってくると、特別高圧や高圧で電力を利用することになるかと思いますが、そういった方におすすめしたいのダイヤモンドパワーです。ここでは、ダイヤモンドパワーのメリットとデメリットについてお話していきましょう。

 

そもそもダイヤモンドパワーとは・・・

ダイヤモンドパワー4
ダイヤモンドパワーについては聞いたことがない方のほうが多いのではないでしょうか。知名度も高くありませんし、大々的に取り上げられたということもほとんどありません。無名の小さな電力会社かと思いきや、実は2000年にあの有名な三菱商事の子会社として誕生しました。

 

 

 

 

その後、中部電力が株の8割を保有し、現在では中部電力が親会社となっています。これまで電力を独占してきた地域電力会社が親会社という非常に珍しい電力会社となっています。電力供給エリアは、中部電力エリア、東京電力エリア、関西電力エリアになります。

 

会社概要

社名 ダイヤモンドパワー株式会社
Diamond Power Corporation
設立 2000年3月15日
資本金 120百万円
代表者 取締役社長 小山 裕治
株主 中部電力株式会社 80%
三菱商事株式会社 20%
業務内容 特定規模電気事業
主な供給先 東京電力、中部電力
各供給エリアの特別高圧需要家、
大口高圧需要家
所在地 〒103-0021
東京都中央区日本橋本石町3-2-3
(日本橋サンケイビル9F)

 

ダイヤモンドパワーのメリットについて

daia

ダイヤモンドパワーのメリットについてですが、まず中部電力が親会社であるというところがメリットになってくるでしょう。というのも、これまでの電力というのは中部電力をはじめ、それぞれのエリアに対応した既存の電力会社から供給されていました。災害のときなどは除いて、日常生活で電力に関して問題が起こったことはないという方がほとんどなのではないでしょうか。

 

 

 

 

つまり、それだけ安定した電力供給ができていたのです。電気料金などの面では新電力に負けてしまう部分もあるかもしれませんが、やはりこれまで安定した電力を供給してきたというのは既存の電力会社における大きな強みです。この既存の電力会社が親会社であるということは、それだけの頼もしい存在がバックについているということでもあるのです。親会社でもある中部電力には既存の発電設備が充実しています。

 

 

 

 

この発電設備からだけでも十分に安定した発電量が見込めるのですが、それに加えて余剰電力の買取、電力取り引きなどを積極的におこなっているのです。つまり、十分すぎるほどの電力の確保ができているのです。電力を利用するにあたって一番困るのが電力が足りなくなてしまうことですので、その心配はほぼないと言っていいでしょう。

 

 

 

 

また、将来性があるというところもメリットになってくるでしょう。というのも、ダイヤモンドパワーは大阪ガスと共同仕入れというものをおこなっており、コストダウンを実現させています。言ってしまえば、企業努力なのですがこれによって利用者にとってよりリーズナブルに電力を供給することができます。共同仕入れをするということは大阪ガスとは、それなりの関係性であるということでもあります。

 

 

 

 

実際に、一時期は大阪ガスとの経営統合というものも噂されていました。それだけ近しい関係ということもありますので、今後ダイヤモンドパワーと大阪ガスが提携するという可能性も十分になるのです。ダイヤモンドパワーと大阪ガスが提携することになれば、ガスと電気のセット割というのも現実味を帯びてくるのではないでしょうか。

 

 

参考大阪ガスに関する記事はコチラになります。

 

新電力の大阪ガスの電気代をシミュレーション!メリット・デメリット

 

関西在住の主婦必見!関西電力と大阪ガスを比較!どっちがいい?

 

今の時点では特別高圧や高圧での電気の利用でしか契約をしていませんが、今後一般のご家庭向けのプランを展開する可能性というのは十分にありますし、そうなったときに中部電力という力強いバックがいますので、これまでのノウハウを活かした豊富なプランを提供してくれる可能性も高いのではないでしょうか。こういった部分で将来的に期待できるところが多いのもダイヤモンドパワーのメリットといえるでしょう。

 

オカン
へ~やっぱりダイヤモンドパワーはすごいじゃん!中部電力は今までの供給実績があったし、安心もできるし、これからもっと家庭用の電力販売にも手を伸ばしてほしいな~。そしたら私も「ダイヤモンドパワーを使ってる家庭です!」って自慢できるのに~!!

タカシ
なんかのブランドと勘違いしてんのかな~

ハカセ
ガスとセット割なんかが始まればもっともっと電気代は安くなってくれることだろうな~

 

ダイヤモンドパワーのデメリットについて

ダイヤモンドパワー3
ダイヤモンドパワーのデメリットについてですが、まず挙げられるのが一般のご家庭向けのプランがないというところです。特別高圧や高圧をご利用の方しか契約できないようになっていますので、一般のご家庭では今のところ契約することもできませんし、ダイヤモンドパワーの電力を利用することもできないのです。

 

 

 

 

電力自由化にあたって電気代の節約やより環境に優しい電力を選びたいということで電力会社の乗り換えを検討しているご家庭も多いでしょうから、そういった面では利用契約ができずガッカリする方も多くなってくるのではないでしょうか。また、電力供給エリアも中部電力エリア、東京電力エリア、関西電力エリアと限られています。そこまで知名度のない電力会社になりますので、当面はこのエリアでの地盤固めに走るのではないでしょうか。そういった意味では、しばらくは他のエリアへの拡大というのもない可能性のほうが高いでしょう。利用者が限られており、しばらくはエリアの拡大に期待ができるのがデメリットです。

 

 

 

 

もしも、乗り換えを考えている場合には、無料のPPS【新電力】乗り換えの一括見積サービスを利用して選んでみるのもいいでしょう。

 

オカン
へなるほど、今後が楽しみなダイヤモンドパワーだね。でも関西エリアも入ってきているし、私は名前がかっこいいのを加味して使ってみてもいいかな~とおもってるよ!

タカシ
もっとオカンにも深く考えてもらいたいものだよな~、まあでもそんなにデメリットもないし、どっちあといえば一般向けというより事業向けだよね。

ハカセ
そうじゃな。一般家庭の場合はダイヤモンドパワーがエリア拡大してから電力の乗り換えを考えてみても遅くはないじゃろう。

新電力の一括無料見積をしてみよう

新電力ってどれがいいのか?

どのプランがいいのか?

どうやって選ぶのが正しいのか?

こういうことってさっぱりわからないですよね。

そんな場合に使えるのが新電力一括シミュレーション!

どれぐらい安くなるのか?どこがピッタリかが一発で分かります!

▼早速使ってみよう▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です