電気代大幅節約!福祉施設の電力自由化とは?

オカン
そういえば、電力自由化って一般家庭の人のものだけではないよね。

タカシ
たしかにそうだね。なんとなく、自分が自分がって思ってたけど、企業とかも~と大量の電力を使ってるんだもんね。

オカン
そうそう、たとえば、おばあちゃんが通ってる福祉施設なんかでも電力自由化をやってるところはあるんじゃないかな~?

タカシ
あ~そっか、そうすればかなり電気代の節約もできることになrからね。

ハカセ
そうじゃな、大幅に電気代を安くすることができればその施設の利用者もコストが安くなる可能性もあるかもしれんがな。

 

 

 

 

電力自由化がスタートし、電力会社を選べるようになりました。一般のご家庭でのメリットばかりが取り上げられる傾向にありますが、実は施設でもメリットがあります。ここでは、福祉施設についてお話していきましょう。

 

福祉施設は電力を消費しやすい

福祉施設1
福祉施設にもいろいろなものがあります。児童福祉施設、老人福祉施設、障害者福祉施設、身体障害施設、知的障害者更生施設、精神障害者施設、重症心身障害者施設などが挙げられます。おわかりのように、福祉施設では多くの人が生活し、またその人たちをサポートする人もその施設で働くことになります。

 

 

 

 

つまり、福祉施設とは言っているものの一種の住まいのようなものなのです。一般的な住まいであれば、昼間は働きに出ているため留守にすることになりますし、その間の電気というのはさほど使いません。しかしながら、福祉施設になると基本的に1日中そこで過ごすことになります。留守にするということがありませんので、それこそ1日中電気を使うことになります。

 

 

 

 

施設の利用者は、基本的に自宅ではないため施設内で節電といったものはあまり気にしないでしょう。そのため、人によっては電気の無駄遣いもするでしょうし、わざとそういったことをしてしまうようなこともあるかもしれません。このように、基本的に福祉施設というのは電力を消費しやすい場所なのです。だからこそ、電力自由化で新電力を利用するメリットも出てくるのです。

 

メリット1 施設の運営にゆとりができる

hukusi

福祉施設が電力自由化で新電力を利用するようになると、福祉施設における大きな負担となっていた電気料金を浮かせることができます。電気料金が運営を圧迫しているという話もありますし、実際に珍しい話ではありません。そのため、新電力を利用することによって施設の運営にゆとりが出てくるかもしれません。

 

 

 

 

利用者にとっては電気料金といったところはあまりわからない部分になるでしょうが、利用者をサポートする人というのはその施設で働いているわけですから運営にゆとりが出てくると職場環境の改善というところにもつながってくるのではないでしょうか。運営というお金の面でも、そこで働く人の精神的な面でもゆとりが感じられることでしょう。

 

メリット2 利用者への負担が減る

kaigo

電力自由化で福祉施設が新電力の利用を開始すると、利用者への負担が減るという可能性も高くなってきます。というのも、福祉施設もボランティアでしているわけではありません。利用者がいて、その利用者からお金を払ってもらって、そのお金で運営をしているのです。もちろん、国からの補助などもあるでしょうが、福祉施設の場合には基本的に利用者の人数などに左右されてくる部分が大きくなってくるでしょう。

 

 

 

 

利用者の負担が大きいと利用者も積極的には利用しないでしょうし、そうなってくると利用者が減って福祉施設としても困ります。しかしながら、新電力の利用で電気代の節約をし、その分、利用者の金銭的な負担というものが軽減されれば、利用者にとってもより利用しやすい場所になります。利用者も増えていくことでしょう。

 

 

 

 

利用者本人がお金を払っているということもありますが、場合によっては利用者の家族がお金の面をすべて負担しているということもあります。どちらにせよ、現実的に考えて金銭的な面というのは非常に重要なポイントになってきます。福祉施設の利用者にとってもメリットのあることなのです。

 

オカン
介護施設なんかは、介護士の給料が安いといわれているし、その給料アップにもつながるかもしれないし、おばあちゃんの介護のためのお金も安くなるかもしれないね。

タカシ
へ~電力自由化ってめっちゃすごいね。それだけ多くの人に影響を及ぼすんだね~

ハカセ
たしかにそうじゃ、みんなにメリットのある電力会社を選ぶことが重要じゃな。

 

イメージアップにもつながる

福祉施設3
電力自由化にあたって、さまざまな新電力が参入してきました。それぞれで割引やプランといったものをいろいろ出しているのですが、そこだけに注目するのではなく、どのような電力であるかというところに注目するのもいいでしょう。

 

 

 

 

というのも、新電力の中にはより地球環境に優しい電力を採用しているところも多いのです。いわゆるエコというものになるのですが、最近ではエコに関心を持っている方も多いのではないでしょうか。特に、福祉施設というのはイメージとして「優しい」というものがあります。そのイメージを強化するというわけではないのですが、地球に優しい電力を使うことによって福祉施設のイメージをさらにアップさせることになるのではないでしょうか。

 

 

 

 

仮に福祉施設がふたつあったとして、ひとつがエコな電気を使っている福祉施設、もうひとつが普通の電気を使っている福祉施設ということであれば、おそらく多くの人がエコな電気を使っている福祉施設のほうを選ぶのではないでしょうか。もともとイメージのある福祉施設だからこそ、「エコな電気を使っている」「電気においても地球環境のことを考えている」というのはひとつの大きな付加価値になってきます。

 

 

 

 

イメージの問題ではありますが、エコな電気を使っているからこそ施設全体が優しいのではないか、そこで働いている人も優しく受け入れてくれるのではないかといった感じを受ける方も多くなってくるでしょう。

 

オカン
そうだね。普通の一般家庭だったら、エコな電気使ってます!なんて井戸端会議でしか自慢になんないけど、介護施設であれば電気代を安くしつつ、イメージアップにもつながるからそれは大きなメリットといえるよね。

タカシ
そうだね、施設を利用する人が増えれば経営的にもいいしね。

ハカセ
そうじゃな!でも、どのように選べばいいのか知らんもんが多いので、ここらでちょいと、新電力選びのやり方を教えておこう

 

福祉施設の新電力の選び方

hikari

 

新電力を福祉施設で選ぶ場合には、確実に比較検討していくのが良いといえるでしょう。そして先ほども言った、安くなる以外にも企業のイメージアップのために「グリーンエネルギー」を使ってるなど、エコなイメージを持たせたいというのであれば、そういったものから比較することが重要になります。

 

 

 

 

ただ、数多くある新電力から、自分に合った新電力を選ぶのは難しいですのでそういった場合には、新電力会社の一括比較+見積りの無料サービスを利用することが重要になってきます。

 

 

 

チェック

>>新電力会社の一括比較+見積りの無料サービスはこちら

 

 

 

こちらのサービスは無料ですし、どれぐらい安くなるのかが一目瞭然ですので、ぜひ利用してみてください。今すぐに決める必要もないですが、しっかりと使って、電力乗換のイメージをつかんでおくのもいいでしょう。

 

オカン
あ、こういったサービスは絶対に使わないともったいないよね!

タカシ
電力自由化で一番面倒くさい「比較」の工程が一気になくなるのがうれしい!

ハカセ
そうじゃな!今すぐに決める必要もないが、使っておくべきサービスだといえるだろう。

新電力の一括無料見積をしてみよう

新電力ってどれがいいのか?

どのプランがいいのか?

どうやって選ぶのが正しいのか?

こういうことってさっぱりわからないですよね。

そんな場合に使えるのが新電力一括シミュレーション!

どれぐらい安くなるのか?どこがピッタリかが一発で分かります!

▼早速使ってみよう▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です