電力自由化における太陽光発電のメリットとデメリット

電気を選ぶことができる、ということで電力自由化がさまざまなところで取り上げられるようになりました。この電力自由化とともによく登場するのが太陽光発電です。太陽光発電を自宅で採用している方も多く、以前よりも親しみやすいものとなりました。

 

電力自由化にあたって太陽光発電がまた注目されるようになっているのですが、ここではその太陽光発電のメリットとデメリットについてお話していきましょう。

 

タカシ
オカン!そもそもさー電気代を安くするぐらいだったら太陽光発電で自家発電しちゃえばいいじゃん!

オカン
なにをバカなこといってんの!ウチにそんなお金があるわけないじゃない!

タカシ
いやいや、最近だとローン購入もできて、いずれはプラスになって返ってくるんだって、そう考えるとかなり良くない?

オカン
あら、たしかにそうね。新電力うんぬん、電気家で作っちゃえば電気代もなにもないじゃん。
ハカセ
確かにそうじゃな、でも太陽光発電をしている家庭にはしている家庭なりの新電力の選び方というものがあるんじゃ。

オカン
そうなの、早く聞かせて~、というか、その前に太陽光発電についてもわかってないからそこからでお願い~

ハカセ
了解!お母さんのように電力自由化を期に太陽光発電に切り替える家庭も多くなることじゃろうし、要チェックじゃな。

 

太陽光発電のメリット

電力自由化における太陽光発電のメリットとデメリット1
太陽光発電のメリットということですが、第一に挙げておきたいのが売電についてです。文字通り、電気を売ることができるのです。

 

 

 

というのも、太陽光発電においては言ってしまえば自宅が発電所になるようなものです。自宅の太陽光発電でできた電気を全部使い切れればいいのですが、場合によっては電気を余らせてしまうこともあるかもしれません。残念なことに、電気というのはためておくことができません。そのため、使い切ることのできなかった電気というのは無駄になってしまうのです。

 
しかしながら、使い切れなかった電気を売ればそれは無駄にはなりません。無駄になるどころか、電気を売ることによって電気をお金に換えることができますので自分たちにとっても非常に大きなメリットを得られるのです。この売電なのですが、電力自由化にあたってさらにメリットが大きくなる可能性があります。というのも、電力自由化にあたって電気の買取価格というのが高くなる場合があるのです。

 

 

 

タカシ
そういうことか!だから電力自由化にあたって、太陽光発電を始めるところが多いってわけか!
オカン
なるほど~そういうことね!
ハカセ
ふむ。買い取りを考慮した、新電力会社選びが大事になってくるのじゃ。

 

 

 

電力自由化で新規参入してくる電力会社の中にはすでに「電力を高く買い取る」という部分を強く押し出しているところもあります。どこに売電するのかは自分で選ぶことができますので、より高い価格で買い取ってくれる電力会社に買取をお願いすることができるようになります。

 

 

 

オカン
でもそもそもさ、実際どれぐらい太陽光発電にお金がかかるのかって部分はわかりにくいよね。新電力の際に、太陽光発電に変えようと思ってもどうやって知るのかが分からない。

ハカセ
そうした人のために、住宅用の太陽光発電で住んでいる地域からどの会社が一番安いのかを一括見積してくれるサービスがあるので、まずはそれを利用することじゃ。

>>無料!早速最安値の太陽光発電を見積してもらう

 

 

オカン
これだったら一応どれぐらいか知ることができるわけか。

ハカセ
そうじゃな、ここなら

1、信頼できる業者を選定できる!
2、見積価格比較ができる!
3、安心で実績のある業者に頼める!

この3つがそろっているので安心じゃ

 

 
また、電力自由化にあたって電気代の上昇や停電の危険性といったものも取り上げられるようになっているのですが、太陽光発電の場合、こういったものとはほとんど無縁でいられます。というのも、自宅が発電所になりますので電気代の上昇といったものの影響はさほど受けないでしょうし、仮に停電してしまったとしても自宅で発電しているのですから発電した電気で対応していくことができます。

 
このように電力自由化にあたってはデメリットとなる部分もあるのですが、太陽光発電というのはそういった電力自由化におけるデメリットを防ぐことができるのです。電力自由化にあたってのリスクを回避することができるという部分は、太陽光発電における大きなメリットとなってくるのではないでしょうか。

 

太陽光発電のデメリット

denis
太陽光発電のデメリットということですが、まずは設置費用が挙げられます。というのも、太陽光発電には興味があるものの実際に設置をしていないという方の多くはやはりこの費用面が大きいのです。基本的に100万円以上かかりますので、思い立ったからといってすぐに設置できるようなものではありません。

 

 
ただ、このデメリットに関しては軽減する方法があります。というのも、太陽光発電においては一定の基準を満たすことによって補助金をもらえる可能性があるのです。国からも補助金が出ていたのですが、こちらに関してはもうすぐ終了してしまいます。しかしながら、都道府県や市町村が独自に補助金制度を出しているところもありますので、そういったものを利用していきましょう。業者によっても費用は代わってきますので、費用を抑えたいのであればさまざまな業者から話を聞いていきましょう。

 

 

 

 

オカン
でもそもそもさ、高すぎるけど・・・100万円なんて出せるわけないし、補助金がでるって考えてもかなりきついよね~。分割支払いにしたとしても負担が多いし、何か対策はないの?
ハカセ
そうした人のために、住宅用の太陽光発電で住んでいる地域からどの会社が一番安いのかを一括見積してくれるサービスがあるので、まずはそれを利用することじゃ。驚くほど安くなると評判じゃ。

 

 

>>無料!早速最安値の太陽光発電を見積してもらう

 

 

オカン
これだったら一応どれぐらいか知ることができるわけか。

ハカセ
そうじゃな、ここなら

1、信頼できる業者を選定できる!
2、見積価格比較ができる!
3、安心で実績のある業者に頼める!

この3つがそろっているので安心じゃ

 

考えられる太陽光発電のもう一つのデメリット

yoru

また、太陽光発電においては「夜の間は発電ができない」というデメリットがあります。太陽光で発電をしていくので当たり前のことなのですが、やはり電気は夜のほうが使うというご家庭も多いでしょう。そのため、夜間だけは電力会社から電気を購入するという形になるかと思います。

 

 

 

電力自由化にあたって電気代が安くなるという話もありますが、将来的に電気代が上がるという可能性もあります。昼に発電したものを夜に回すことができればいいのに・・・という方も多いでしょうが、実際に蓄電池を導入することによってこのデメリットは軽減することができます。蓄電池というのは、昼間に発電したものをためておくためのものになります。

 

 

 

これによって昼間に発電して使いきれなかった分も無駄にはならないのです。将来的に電気会社の電気代が上がったときにも、蓄電池があれば太陽光発電でできた電気を使うことができますので経済的にも安心です。

 

 
他にも、太陽光発電だからこそ天候に左右されやすいといったデメリットもありますが、対策をしていくことによってデメリットを軽減することができます。電力自由化においては、太陽光発電のメリットが大きくなるといえるのではないでしょうか。

 

 

 

 

電力自由化というタイミングで太陽光発電についてよく考えていきたいですし、できるなら実際に導入していきたいものです。

 

タカシ
ほうほう、おかん、新電力選びのさいに、太陽光発電発電の導入も考えてみてもいいんじゃない?

オカン
あたしもそんな感じしてきた・・・しばらくお小遣い減らすけどいい?

タカシ
ギクッ!それはちょっと・・・

ハカセ
ふむ、長期的に見れば太陽光発電もいいと思うのじゃが、短期的なダメージは避けたいなら新電力選びだけにとどめておくことじゃな。

新電力の一括無料見積をしてみよう

新電力ってどれがいいのか?

どのプランがいいのか?

どうやって選ぶのが正しいのか?

こういうことってさっぱりわからないですよね。

そんな場合に使えるのが新電力一括シミュレーション!

どれぐらい安くなるのか?どこがピッタリかが一発で分かります!

▼早速使ってみよう▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です